イカルディの妻が差別を受ける

写真拡大

マウロ・イカルディの妻であり代理人のワンダ・ナラは、ロシア・ワールドカップ・南米予選ウルグアイvsアルゼンチン戦が行われたモンテビデオのセンテナリオ・スタジオのアルゼンチンサッカー連盟用ボックス席でスキャンダルを起こしている。

アルゼンチン代表の監督ホルヘ・サンパオリの公式戦デビューと同時に自身のパートナーであるマウロ・イカルディのプレーを観戦しようとスタジアムに足を運んだワンダ・ナラだったが、差別的対応を受けたことを非難しながら会場をあとにしている。

ワンダ・ナラは自身がスタジアムに到着した際に他のVIPとは違う対応を受けたことを非難している。スタジアムでは厳しいセキュリティーチェックを受け、抗議も虚しく観客達が隣にいるVIPゾーンに通されている。その後、ワンダ・ナラはプライベートボックスを要求するも誰もこの要望に応えることはなかった。

強引にワンダとその取り巻き達はAFAのボックスに向かうもそこから追い払われてしまっている。