韓国代表、大一番へ懸念 エースがゴール欠乏症、地元紙「味方に害をなすパスやシュート」

写真拡大

敵地ウズベキスタン戦に臨む韓国代表 FWソン・フンミンが代表ではまるで別人に

 韓国代表は9月5日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の最終戦敵地ウズベキスタン戦でロシア大会出場権を懸けた大一番に臨む。

 8月31日の本拠地イラン戦はシュート0本でスコアレスドローに終わった韓国代表は勝利を目指すなか、エースの深刻な代表戦でのゴール欠乏症を指摘している。韓国紙「スポーツ朝鮮」が報じた。

 韓国代表のエースストライカー、ソン・フンミンは現在欧州でアジア最高の実力者という評価を手にしている。記事では、ソン・フンミンがイングランドで残した足跡を紹介している。昨季、プレミアリーグ2位のトットナムでレギュラーとしてリーグ34試合に出場して、14得点をマーク。公式戦全体では21ゴールを決めている。

 ソン・フンミンはこの21ゴールで元韓国代表FWチャン・ブンクンがレバークーゼン時代の1985年〜96年に記録した韓国人選手の欧州シーズン最多ゴール記録を更新。元マンチェスター・ユナイテッドMFパク・チソンはプレミアリーグ8年間で27ゴールを決めたが、ソン・フンミンはわずか2シーズンで29ゴールを積み重ねた。

 だが、代表の舞台ではまるで別人になってしまうという。「彼は最近、太極マークで揺らいでいる。最近のA代表の試合でソン・フンミンは1ゴールしか決めていない」と記事では報じている。

イラン戦不発の原因をピッチ状況に求め物議

 ソン・フンミンは韓国代表で13年に4ゴール、14年に2ゴール、15年に9ゴール。だが、昨年はわずか1ゴールだった。昨年10月のカタール戦以来、代表で300日間ゴールのないエースに対する厳しい視線が突き刺さっている。

 代表の看板を一人で背負えるのか、韓国メディアの注目はそこにある。

「トットナムのソン・フンミンはイングランド代表FWハリー・ケイン、同MFデレ・アリ、デンマーク代表の司令塔クリスティアン・エリクセンとプレーしている。一方、代表では唯一のエースだ。彼は代表では味方に害をなすパスや強引なシュートを放ってしまう。常に厳しいマークを受けている」

 記事では、トットナムでは分散するはずのマークがソン・フンミンに集中し、そして双肩にのしかかる責任の重さに苦しんでいると指摘している。ソン・フンミンは不発に終わったイラン戦後、原因をソウルW杯競技場のピッチ状況に求めて物議を醸した。

「自分はピッチの状況に慌てたんだ。もし、このようなピッチでサッカーが上手くいくと思う人がいるなら、とても楽観的な人だろうね。サッカー経験者、もしくは慣れ親しんだ人なら、選手にとってピッチコンディションがどれだけ重要かということが分かるだろう」

大黒柱の決定力が是が非でも必要に

 対戦したイラン代表のカルロス・ケイロス監督は、韓国に用意された練習場のピッチ状態の酷さを自身のフェイスブックで告発していただけに、ソン・フンミンの本拠地戦後の発言は批判を呼んだ。

 だが、9大会連続のW杯出場を目指す韓国としても大黒柱に頼るしかない。「ソン・フンミンの決定力が是が非でも必要だ」と期待を寄せられるなか、代表でのゴール欠乏症から脱却することはできるのか。敵地タシケントでの一戦で韓国の命運はエースに託された。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images