最近疲れやすいなーと思ったら やっておきたいCAT&COW

写真拡大

背骨が滑らかな人は疲れにくい

疲れやすい人は、全身にエネルギーが巡っていなくて、文字通りエネルギー不足になっているのかもしれません。そんな時は、人間関係がうまくいかなかったり、仕事でケアレスミスがあったり、言葉が足りなくて相手に真意が伝わらないなど、いろいろなところでも、突っかかってしまいます。注意深く自分を観察していると、こういう時は、なんとなく動きもギクシャクしているんです。エネルギーが足りないから、力も入らないし、続かない…。

そんな時には、ぜひ背骨にアプローチするヨガのポーズをしてみましょう。ヨガでは、背骨はエネルギーを通す管があるところ。だから、背骨が滑らかに動くほど、エネルギーの通りもいいと考えます。だから、背骨の柔軟性を高めるポーズがたくさんあります。あの有名な太陽礼拝も、背骨を滑らかにすることが目的の動きなんです。

現在の解剖学でも背骨はとても重要ですね。神経がたくさん集まっている部位で、椎骨によってつながる神経が異なるので、どこを損傷しても心身に影響が大きいのです。そして、背骨の動きが滑らかということは、体自体が柔らかいということにもつながり、怪我をしにくくもなります。体の柔軟性は心の柔軟性もあるから、結局、背骨が滑らかに動く人ほど、活力にあふれ、人生うまくいく!ということになります。

背骨を滑らかにするCAT&CAW

背骨の動きを滑らかにする、とても簡単なのがCAT&COWのポーズです。ヨガクラスに行くと、たいてい出てくる代表的なポーズでもあります。これだけやっていてもいいし、準備体操としても使える、シンプルで有効な動きなのです。

1:両手両ヒザを床に着きます。この時、肩の下に手首、お尻の下にヒザが来るように、位置を確認しましょう。つまり骨が床に対してまっすぐになっているかどうか。まっすぐになっていれば、骨に負担をかけません。

2:一度、息を吐ききってから、息を鼻で吸いながら、胸を反らして顔を上げ、お尻を突き上げます。背骨がくぼむイメージです。

3:吸いきったら、今度は口から息を吐きながら、背骨を丸くして顔を下げ、尻尾を隠すようにお尻も下げていきます。お腹を薄くする意識で、顔はヘソを見ます。

4:2-3を数回繰り返します。

これを毎日続けていくと、背骨の動きが徐々に滑らかになっていき、エネルギーの巡りが良くなっていきます。それに伴って、体もいつも温かくなり、心身が健全になっていきます。自分を取り巻く状況も変化していくはずです。

 

 

ライター:豊田紗江
出典:『最新版 ヨガのポーズが丸ごとわかる本
写真:istockphoto,樋口勇一郎
モデル:MAIMAI