FES☆TIVEが9月3日、東京・赤坂BLITZで「FES☆TIVEワンマンライブ in 赤坂BLITZ『Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-』」を開催した

写真拡大

FES☆TIVEが9月3日、東京・赤坂BLITZで「FES☆TIVEワンマンライブ in 赤坂BLITZ『Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-』」を開催。“Brand New FES☆TIVE”と題したとおり、“新しいFES☆TIVE”として熱いパフォーマンスを繰り広げた。

【写真を見る】FES☆TIVEこの日も、全力パフォーマンスでファンを楽しませてくれた

これまでのワンマンライブの中で、1番大きい会場となった今回。赤坂BLITZに駆け付けた大勢のファンがFES☆TIVEの登場を心待ちにする中、「常に100%を見せないと、人の心は動かせない! ワッショイ!!」という掛け声が聞こえ、会場は一気に盛り上がりを見せる。

この日の1曲目は「マジカルパレード」。桃原ひよが「『Brand New FES☆TIVE』にお越しいただき、誠に、誠にありがとうございます。このパレードはジャンプ、ジャンプ、ジャンプの曲となっております。一緒に跳ぶぞー!」とファンを煽り、メンバーとファンが飛び跳ねる。大勢のジャンプで赤坂BLITZを揺らすと、「夏色とりどリボン」でさらにボルテージは上昇していく。

MCでは、白石ぴあのが「声が震えるくらい、めちゃくちゃ緊張してたんですけど、この8人で全力を皆さんにぶつけるしかないので、皆さんも負けじとついてきてください!」と意気込む。そして、鈴木みつきが「みんなの一体感とか、めちゃめちゃいい感じ! このまま、最後まで突っ走っていきましょう!!」と声を上げ、「いろは音頭ついでかつお節」や5thシングル「ゴートゥーフェス☆」、ワンマンのために作られた特別な曲つなぎの「お祭りヒーロー」「進めジパング」でファンを楽しませた。

ここで、リーダー・汐咲玲亜が「赤坂BLITZでワンマンをやるのは初めてなんですけど、今までやったワンマンの中でも1番大きな会場なので、こんなにたくさんの方に集まってもらえて嬉しいです。タイトルが『Brand New FES☆TIVE』ということですが、お祭り系なので『夏が本番!』みたいなところがあって、ひと夏で大きなフェスとかにたくさん出させてもらい、たくさんの方にFES☆TIVEを知ってもらえました。新体制もそうですし、'17年で変わったいろんな意味で新しい私たちをここでお披露目します」と宣言。

その後、「ディスコ列島浮世の夢」などのシングル曲や、「ホムラノシズク」といった和風の曲を立て続けに歌い、「SUMMER☆JUMPING」ではファンと共にタオルを振って盛り上げ、曲のラストには「みんなのことが大好き!」とメンバーから嬉しい一言も。

続いて、青葉ひなりが振り付けに初めて挑んだ「白銀をダッフルコートに」へ。青葉は「振り付けをやらせてもらったんですけど、自分からやりたいって宣言したのに、めちゃくちゃ苦戦して、飛び降りそうになったくらい頭を抱えて…。やっぱ素人だし、独学でやった振り付けなので、自信は正直あんまりないんですけど、この夏はその振り付けに懸けて、毎日振り付けのこと以外考えられないくらい集中してやってきて…(涙)。メンバーも協力してくれてできた作品なので、青葉が本気で作った作品をみんなも気に入ってくれたらいいなって思います!」と振り返り、ファンからは大きな拍手が送られた。

さらに、「BELIEVE!」では「今日はワンマンライブに来てくれて、ありがとうございます。これからもずっとFES☆TIVEについてきてください!」とファンに呼び掛ける。「ここからがラストスパートになります!」「最高のワンマンにしたいと思います!」という声と共に、「真夏の余熱」「約束の温度」「シダレヤナギ」でライブ本編を締めくくり、メンバーそれぞれが挨拶することに。

汐咲は、「私たちFES☆TIVEは5年目になるんですけど、こんなにもたくさんの方に来てもらえて、どの曲も盛り上がってくれて、こんなにも私たちの曲を愛してくれて…FES☆TIVEのことも愛してくれる方がたくさんいることが本当に、本当に嬉しいなって今日実感しました。皆さん、ありがとうございます! 『Brand New FES☆TIVE』というタイトルどおり、どんどん新しい私たちを見せていけたらいいなと思います。そして、個人的には今日が17歳最後のイベントだったんですけど、17歳最後の締めが最高のものになりました。ありがとうございました!」と喜ぶ。

鈴木ことねは「今日は赤坂BLITZに集まってくれて、ありがとうございます。休日ということでたくさんの方に集まっていただいて、そして'17年の夏を大好きな皆さんと一緒に締めくくることができて、本当に嬉しいです。そして、私たち8人と一緒に最高の夏の思い出を作ってくれて、ありがとうございました。これからもFES☆TIVEと一緒に、最高の景色を見ていきましょう!」と、元気に話す。

真野彩里愛は、「この夏は大きいステージにたくさん出させていただいて、メインステージにも結構立てたんですけど、メンバーが反省会で『今年はメインステージに立てた!』って言ってて。後から加入したいうのもあって、メンバーの努力が実ってきている中で『申し訳ないな』と思うことが多かったんです。夏の間、ワンマンに向けてパワーアップしたいなと思ってたんですけど、こうやって楽しく、一生懸命ワンマンライブやって、皆さまを楽しませることができて、とても嬉しいです。最高の夏休みの思い出になりました!」と笑顔。

鈴木(み)は「ワンマンは何度もやらせてもらっているんですけど、過去最高の大きい会場で、こうやってどんどん会場を大きくすることができるっていうことが本当にすごい事だし、それだけこうやってたくさんの方に支えていただいているっていうことなので、そういう事を改めて噛み締めて頑張りたいなと思います」と、ファンに感謝。

坂元由奈も「毎回、ワンマンの度に新しいチャレンジと言ってたんですけど、今回の赤坂BLITZっていうのも私たちにとっての新しいチャレンジで。こんなにたくさんの方が会いにきてくれて、本当に良かったって思います。最初はゼロからのスタートだったのに、こんなに大きくなって、夏の大きなイベントでもメインステージに立てるようになりました! これはみんなのおかげだと思ってるし、これからもたくさんみんなの力を借りることがあると思うんですけど、その時はFES☆TIVEに力を貸してください。FES☆TIVEについてきてください。今日は本当に素敵な夏の締めくくりになりました。ありがとうございました」と、ファンに伝える。

青葉は「今回は『Brand New FES☆TIVE』ということで、新しいFES☆TIVEを見せるっていう話でした。夏に大きなイベントにいっぱい出てきて、去年は出られなかった大きなステージにも出させてもらったけど、それが形だけにならないようにっていうのを意識してて。メインステージに出たってことは、それに相応しい実力がないとダメだと思うんです。ひと夏で成長したFES☆TIVEを見せたいなっていうワンマンで、私も振り付けに挑戦して。自分は得意な事とかがあるわけじゃないんで、ちょっとでもFES☆TIVEのために何かできたらいいなって思って、今回振り付けをやって。途中で『やっぱ、やめます』って言いそうになったんですけど…でも、最後まで投げ出さずにやって、こうやってみんなの前でできて良かったです。皆さん、今日はありがとうございました!」と明かす。

白石は「3月にステージデビューして、1回目のワンマンライブはまだ入ってから2カ月くらいだったから、自分の事でいっぱいいっぱいで…。セトリを覚えたり、内容を覚えたりするのがすごい大変だったんですけど、9月で半年が経って、この夏に大きいイベントに出させてもらって。でも、それは私の力じゃなくて、元々いたメンバーがゼロから頑張ってくれたおかげだし、ダンスとか歌とか分からないところを何回聞いても優しく教えてくれたメンバーがいて。こうやってピンクのサイリウムを振ってくれたり、ぴあのの名前を呼んでくれて、ファンの人もたくさんできて、とっても嬉しいです。もう2回もワンマンライブをやって、今回は赤坂BLITZという大きい会場でできて、もう“新メンバー”という部分に甘えたくないので、元からいたメンバーを追い越すつもりで、もっと頑張っていきます。皆さん、これからも力を貸してください」と、涙ながらに語る。

桃原は「私はFES☆TIVEに加入して、今年の7月で3年が経ったんですけど、3年前はこんなに堂々とステージに立てるほどの人間じゃなくて。メンバーがよく言ってるように、隅っこで1人で泣いてるくらい人見知りで、笑顔で歌って踊ってっていうのが苦手だったんですよ。でも、3年経って、こうやって大きな赤坂BLITZという所でワンマンライブができて、そしてこんなにもたくさんの紫(のペンライト)を振ってくれる人がいて、新メンバーの2人も『元々のメンバーに負けないように!』って頑張ってるから、桃原も負けないようにもっと頑張らなきゃなって思ってました。夏の最後の思い出を、みんなと作れて良かったです」と決意を改めた。

アンコールでは、メンバーが「可愛い!」と絶賛するwatabokuデザインによるワンマンTシャツとラバーバンドで登場。「夢花火」に続いて、「FESTIBLUESKY」では「今日はFES☆TIVEワンマンライブに集まってもらって、本当にありがとうございます。皆さんと一緒に最高の景色を見ていきたいです!」とメッセージを送る。

最後は、「トーキョードリームパレード」を歌唱し、「今日、最高の景色を皆さんと一緒に見られて、最高の時間になりました。これからもFES☆TIVEについてきてくれますかー? 私たちも、もっと上を目指して頑張っていきたいと思います!」と汐咲が誓い、この日のライブのハイライト映像と共に、赤坂BLITZでのワンマンライブを締めくくった。

なお、この日のライブでは嬉しいお知らせも。11月29日(水)に、6枚目のシングルを発売することを発表。また、前回の東京・TSUTAYA O-EASTでの4周年ワンマンライブ「ワッショイワンダーランド2Days」で予告していた“タイでのワンマンライブ”の日程がクリスマスイブの12月24日(日)に決定。タイでのライブに向けて、真野は「めっちゃ楽しみ!」と喜んだ。

「アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜」「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」「@JAM EXPO 2017」といった大きな夏のフェスを駆け抜け、去年からのさらなる成長を示してくれたFES☆TIVE。このワンマンライブで、大きな成長を遂げた'17年の夏を終えるが、9月8日(金)には汐咲の生誕祭を控えるなど、FES☆TIVEの“ポジティブ”で“アクティブ”な“フェスティバル”はまだまだ続く。