これぞサインプレーの美学!J2岡山の先制点が、見ていて超気持ちいい!

写真拡大

セットプレーで様々な工夫が見られる今季のJ2。

先週末に行われた第31節のモンテディオ山形対ファジアーノ岡山戦で、またも素晴らしいゴールが生まれた。

0-0で迎えた26分、岡山はコーナーキックを獲得。

187cmの長身FWオルシーニが中で待っていたため素直にボールを入れてくるかに思われたのだが…これが罠だった!

伊藤大介が自陣の方にボールを送ると、フリーになっていた三村真がここに飛び込み左足でシュート。ボールはアウト回転がかかりながら山形ゴールへと飛んでいき、鋭く曲がりながらファーサイドのネットに突き刺さった。

「これぞサインプレー」といった感じのお手本のような連携であった。おそらくトレーニングで繰り返し練習していたはずだが、これほどまでに完璧なシュートは練習でも決まらなかったのではないだろうか。

ちなみに…

同節のロアッソ熊本対町田ゼルビア戦でも、サインプレーから惜しいシーンが!

セットプレーの際にこうしたバラエティ豊かな攻撃が見られるのは、J2の特徴と言えるだろう。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています