ファンの生き方にも影響を与えている東方神起

写真拡大

 800日におよぶ兵役の苦難を乗り越えて、一回り大きくなって帰ってきた東方神起。忘れてはならないのが、この間に成長したのは2人だけではなかったということ。

 一日千秋の思いで再始動を待ち続けたファンにとっても、東方神起に会えない日々は、自分を見つめ直すまたとない機会になっていた。

「韓国語をもう一度勉強し直したり、ツアー代を貯金するために一生懸命パートで働いたり、ファンにとって“自分を高める”期間になったんです。私も、今後は英語圏のファンとも交流できるように英会話の勉強を始めました。だって、2人があれだけ頑張ってるんですから。いつも元気をもらってばかりじゃダメ。2人が帰ってきたときに、“私たちも成長したんだよ”っていう姿を見てほしいんです」(ファンの1人)

 東方神起の再始動を「盆と正月が一緒に来た」と話す生粋のトンペン(東方神起ファンの呼称)、作家の北原みのりさんもその一人。

「“きちんと生きよう”と。そういう気持ちで2年間過ごしていました。厳しい軍隊生活の中、聞こえてくるユンホの話って、嘘みたいに素敵な話ばかりなんです。(射撃、体力、精神力、戦闘力、すべての科目で90点以上を達成したものに与えられる)“特級戦士”もそうだし、誰よりも働いて、いちばん早く起きていちばん最後に寝る、とか。それを聞いてしまうと、自分だけ怠けてるなんてできない。いないのに、ファンの生き方さえ変える。これが東方神起の存在感なんです」(北原さん)

 数多のK-POPアイドルが日本デビューを果たしている中、東方神起だけが異次元の人気を誇る理由も、同じところにあるという。

「分裂騒動があって、いろんなバッシングを受けながら、彼らは何があっても反論しなかった。つらい過去を持ちながらも、人間性が一切歪んだりしない。いまだに誰よりも腰が低く品行方正で、努力家。ライブではステージの端から端まで駆け抜けて、お客さんの1人1人を全力で楽しませようとする。その姿は光そのものだし、何よりも“正しさ”がある。

 性別を超えて、ああいう人間になりたいという憧れ、いわば人生の目標にまで昇華されていく。好きという感情を通り超えてしまうんです。もはや仮想の国というか、私たちファンは『東方神起国』の国民であって、チケット代なんて税金みたいなもの。当然の義務として払っています」(北原さん)

 近年、BIGBANGのT.O.P(29才)が大麻吸引で逮捕、SHINeeのオンユ(27才)がセクハラで逮捕など、韓流スターの事件が相次ぐ中、東方神起だけはこの手のトラブルとは無縁である。

◆東方神起はもはやJ-POPのひとつ

 2012年8月、李明博元大統領の竹島上陸を機に日本で過熱の一途を辿った嫌韓ブームの最中でさえ、東方神起とファンの絆は変わらなかった。

「知人の中には、会社のデスクに東方神起の写真を貼っていたら、上司に“剥がせ”って言われた人もいました。その上司が露骨な嫌韓で。ひどい話だけど、逆にファンは結束を深めていましたね。肩身が狭くなるほど親密になるというか。それに、東方神起の人気はもうそんなことで揺らぐようなレベルじゃなかった」(北原さん)

 事実、東方神起がこの数年の嫌韓ブームを変えたという見方さえある。8月21日の復帰会見の模様はヤフーのトップページに掲載されたが、「珍しい現象が起きていた」と言うのは、あるIT系ジャーナリスト。

「瞬く間に1000件を超えるコメントがついたのですが、“おかえりなさい”とか“ずっと待っていました”とか、ほとんどが好意的なものでした。極めて異例のことで、いまだ嫌韓が根強いネットの世界では、韓流アイドルの記事がヤフーに上がるだけで、口に出すのもおぞましい人種差別コメントで埋め尽くされるのが日常なのです。

 その中で、“一括りに韓国をバッシングするのは間違い”とか“この2人は別格”といったコメントも相当数あった。東方神起によって日本人の韓国への考え方が変わってきていることを実感します」

 韓国好きで知られ、江原道(カンウオンド)の広報委員を務めるタレントの大桃美代子(52才)も、東方神起の影響力をこう話す。

「私が2005年に韓国に短期留学していた時から、現地での東方神起の人気は凄かった。その後日本デビューして、小さな会場から這い上がっていったわけですが、彼らの人気をなぞるように、日本と韓国の文化的交流が進んだ面はあると思います。

 東方神起のすごい所は、MCも含めて全部日本語でこなし、もはやJ-POPの1つになっていること。国を超えたスターなんです。日韓が政治的に難しい問題を抱える中、“良いものは良い”と素直に認める空気ができたのは、東方神起のおかげ。彼らの活動が国を繋いでいるんです」

 この2年間、東方神起のアルバムを聴き、DVDを見ながら、復活に向けて気持ちを高めてきたという大桃。

「この間は(東方神起が所属する)SMエンターテインメント本社ビルの1階にあるカフェに行って、“東方神起アイスラテ”を飲んだりして(笑い)。2人の存在が日々の活力です。毎回想像を超えるステージを見せてくれるので、復帰ツアーは絶対に行きたい。そのパフォーマンスの素晴らしさが伝わり、韓国に興味を持つ人が増えてくれたら嬉しいですね」(大桃)

 7月に行われた同事務所のアーティストが一同に集うライブイベント・SMTOWNにソロで参加したユンホは、最後まで「ただいま」の一言を言わなかった。東方神起として帰ってくるその日までは――彼の中に、そんな思いがあったのかもしれない。運命の再会まであと2か月。神がまもなく帰還する。

※女性セブン2017年9月14日号