市販薬は便利な存在だが…

写真拡大

 都内在住のAさん(65)は、夕食後から胃の痛みを感じ始めた。だが、食べすぎた日の夜に同じように痛むことがこれまで何度もあったため、“ただの胃もたれだろう”と思い、すぐに自宅の薬箱にあった市販薬の胃薬を飲んだところ、痛みが治まった。ところが、就寝中にさらに激しい胃痛で目が覚めてしまった。

「翌朝、慌てて病院で診てもらったら、『胃薬の影響で胃酸が減少し、消化不良に陥ったため胃痛が悪化した』と言われました。胃薬のせいでかえって胃が悪くなるなんて……」(Aさん)

 その後、医師から消化を促す薬を処方されたことで、Aさんの症状は快方に向かった。

 Aさんの例は決してレアケースではない。ドラッグストアや薬局などで購入できる市販薬(一般用医薬品)は病気などで体調不良を感じたとき、わざわざ病院に行かずとも助けになる頼もしい存在だ。

 しかし、実は服用方法を間違えると大事に至るケースがある。2009年度から2013年度までの5年間に製薬会社が報告した、市販薬の服用によって体調に異変が生じたケースが1255件。そのうち、死に至った重篤な症例が15例、後遺症が残った症例が15例ある。『その「1錠」が脳をダメにする』の著者で薬剤師の宇多川久美子氏が解説する。

「『処方薬』は効能が強い代わりに副作用も強く、医師の処方箋が必要です。それに対し、『市販薬』は処方箋が不要のため、症状が出たら薬局などで購入してすぐ服用できるメリットがあります」

 だが、その“手軽さ”ゆえに、使い方次第で“逆効果”が生じることがある。宇多川氏が続ける。

「例えば、同じ『液状の薬』を謳っていても、処方薬が“病気を治療する目的”であるのに対し、市販薬は“症状を一時的に緩和させる”ためのものです。しかし、その違いを理解して服用している人は少ない。

 それにもかかわらず、『近くにあるから』といった理由で、処方薬の代わりに市販薬を使うと、思わぬ体調不良を招くことがあるのです」

 胃薬は、胃痛の原因によって使うべき薬が異なってくる。

「市販の胃薬のうち『H2ブロッカー』などいくつかの種類のものは、胃酸を減少させることで胃の不快感を抑えます。食べすぎによる胃酸過多の胃痛には効果があるものの、胃酸不足による消化不良の場合は症状を悪化させてしまうことがわかっています。また、胃酸には食べ物に含まれる菌などを殺菌する効果があるため、胃酸が少なくなるとウイルス性胃腸炎に罹りやすくなります」(宇多川氏)

 冒頭に紹介したAさんのケースは、食事が原因の胃痛ではなく、ウイルスが原因のものだったために、胃薬が効かなかったのだという。

※週刊ポスト2017年9月15日号