ベストワンクルーズ(株式会社ベストワンドットコム)の澤田秀太社長

写真拡大

「クルーズ・ブームが来た」といわれて、テレビなどではヨーロッパやカリブ海での豪華なクルージングが紹介されることが目につくようになった。実際、2016年のクルーズ乗客数は国内が9.4万人と対前年比7.6%増となったのに対し、外航は15.4万人(対前年比15.5%増)と、わざわざ海外に出かけて船に乗り込むかたちのクルーズが大きく伸張した(「2016年の我が国のクルーズ等の動向について」海事局外航課、港湾局産業港湾課より)。

 そこで今回、急加速し始めた日本のクルーズビジネスを牽引するオンラインクルーズ・エージェントの雄、ベストワンクルーズを運営するベストワンドットコムの澤田秀太社長に展望を聞いた。

●今年は20%伸びて18万人台にも

――先日、私は初めてクルーズを体験しました。ベネチアから出航して7泊8日でエーゲ海、アドリア海を回るというクルーズで、旅客数3,000人、スタッフの乗り込みが1,000人以上、船は9万トンで16階建てと、海の上を走るビルという威容で度肝を抜かれました。

澤田秀太社長(以下、澤田) 楽しまれましたか。

――部屋は移動しなくていいし、食事は食べ放題、船内のイベントは目白押し、毎日朝になると次の寄港地に着いていてバスなどのオプション・ツアーがいくつもある、ということでしたね。海外にはたぶん70回近く出かけているのですが、指を折る楽しみでした。

澤田 一度クルーズを体験すると、リピーターになる方が圧倒的に多いですね。

――そこで、澤田社長からぜひお話をうかがいたいと思います。外航クルーズの旅客数はだいぶ伸びていますね。

澤田 14年、15年と足踏みしていたのですが、16年は15%増えて15万人を達成しました。今年はさらに好調で、うまくすれば18万人に達するのではないかと見ています。当社のお客様でいえば、20歳から65歳までで全体の80%を占めているのですが、増えている層もシニアだけでなく、すべての年齢層で伸びています。20年には日本から外国のクルーズに出かける方の数が、50万人を達成しないかと期待しています。

――好調の理由をどうご覧になっていますか。

澤田 3つあると思います。ひとつは、価格が下がってきていること。船体が10万トンを超えるなど大型化して多客航海をするようになって、コストの効率化が進んできました。その結果、1泊当たりの価格が1万円前後となってきました。3食付いているので、これはホテルよりも安くて楽しいイベント付きの旅程となります。

――ワインなどの飲み物は別料金でしたが、船内でのイベントの多彩なことには驚きもし、楽しみました。私の船には、3階ぶち抜きでの収容人数が数百人もの本格的なシアターがあり、毎晩別の出し物が2回ずつ上演され、無料でした。

澤田 2つ目は、私たち旅行会社がマーケティングに力を入れてきていること。内外の船会社も積極的に協力してくれたり、独自での情報発信を強めています。

 3つ目は、クルーズを楽しめるお客様の層が厚くなった、ということでしょう。もちろん高齢化が進んでいてリタイアしたシニアの皆さんには時間と予算に余裕がある、という状況がひとつ。それ以外の層も、海外旅行に慣れた方たちがクルーズの魅力を発見してくれるということです。

――確かに、海外旅行初心者では、それぞれの地域への旅行ならまず大都市をカバーしようということになるので、クルーズは海外旅行リピーターが中心となるのでしょう。地域的にはどんなところが人気があるのですか。

澤田 3大地域は、エーゲ海と地中海を中心としたヨーロッパ、カリブ海、そしてアジアです。アジアのクルーズというのは、シンガポールを起点とするものが多くなっています。

――(前出の)「クルーズ等の動向について」を見ると、ヨーロッパが31.3%、アラスカを含む北米とカリブ海が20.1%、アジアが32%となっていますね。

●世界のクルーズ・マーケットは2,500万人

――クルーズは、海外ではどのくらい盛んなのですか。

澤田 ヨーロッパとアメリカが2大マーケットです。年間の搭乗者数でいえば、ヨーロッパが500〜600万人、アメリカが1,300〜1,500万人といわれています。

――そういえば、私が乗ったクルーズも子供連れのヨーロッパ人が多く、中産階級の人たちにとって当たり前なのレジャーのように見えました。全世界でのクルーズ人口はどのくらいですか。

澤田 年間で2,500万人くらいが市場規模でしょう。日本の搭乗者数は16年に外航クルーズが15.4万人、国内クルーズが9.4万人でした。

――日本のクルーズ人口は、世界全体の1%にしかならないのですね。

澤田 そうです。拡大余地は無限にありますし、急増し始めました。私たちは確かな手ごたえを感じています。

――クルーズを提供している船会社としては、主なところにはどんな会社があるのですか。

澤田 カーニバル・コーポレーションというアメリカの会社が大きいですね。同社は近年、同業大手のプリンセス・クルーズを買収して年商を1兆円としました。主な船社としては、世界に50社くらいでしょうか。

――大きな船というと、どのくらいのものが就航しているのでしょう。

澤田 カリブ海に就航しているロイヤル・カリビアン社が22万トン、お客様が8,000人搭乗という船を3隻就航させています。

――スタッフ、乗員を含めると、1万人もの人たちが移動するわけですね。「セイルするホテル」どころかもはや「セイルする町」ではないですか。私の先日のクルーズ中に、あるオフィサー(船の上級船員)と話したのですが、「クルーズを本当に楽しむなら、もう少し小ぶりの船のほうがいいかもしれない。小さな船だと、参加者とクルーたちが最後にはファミリーのようになるんだ。キャプテンと順番にディナーを共にしたりすることもある」と言っていました。

澤田 ヨーロッパでいえば、リバークルーズなどがそれに当たると思います。ライン川やドナウ川を50から100名程度のお客様で行き来する、というクルーズです。寄港地ではそれぞれの町のお城や地域のお祭りなどのツアー(エクスカーション:遠足)があります。

――エクスカーションはオプション、つまり客が選べる、そして有料ですね。私たちも寄港地に着くたびに何かのエクスカーションに参加しました。

澤田 そして結局、お金を使われるわけですね。

――クルーズの中での物価は高いのか、安いのか。食事やイベントは無料のものが多いのですが、スパやらワインやらお店やらは結構な価格ですね。プロのカメラマンが多数乗り込んでやたら写真を撮ってくれて、きれいに修整した引き伸ばしをその日のうちに展示してくれるのですが、買い取るとなると1枚20ユーロ(約2,500円)取られました。何枚も買ってしまいました(笑)。

澤田:実はクルーズの参加費以上を乗船中に消費なさる方が多いですね。

――立派なカジノまでありました。

澤田 公海上を行く場合は、ギャンブルは規制されません。

 次回は、急成長するクルーズビジネス業界での、ベストワンクルーズ社の立ち位置、大きな可能性を持つ同社の成長戦略をうかがう。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)