清原果耶、ドラマ版『セトウツミ』ヒロインに抜擢「視聴者の期待を上回りたい」

写真拡大

女優の清原果耶が、テレビ東京系列にて10月13日よりスタートする新ドラマ『セトウツミ』(毎週金曜24:52〜)にヒロイン役として出演することがわかった。

「別冊少年チャンピオン」にて大人気連載中で、2016年に映画化もされた『セトウツミ』を、高杉真宙と葉山奨之のW主演でテレビドラマ化する本作。関西に住む2人の男子高校生・瀬戸(葉山)と内海(高杉)が放課後に河原でまったりと“喋るだけ”の青春物語だ。映画版からキャストを一新し、新しいエピソードもたっぷりと盛り込まれているだけでなく、映画には登場しなかったハツ美ちゃん、田中君、馬場君、ゴリラ先生など、原作でも人気の多彩なキャラクターも大活躍するという。

オファーを受けた際、「コメディ要素が強い作品に参加させていただくことは初めてなので、正直なところ不安でいっぱいです……」と胸の内を明かした清原。作品の印象を「原作を読んだ際に、何気ない会話にも関わらず、どこかシュールで面白い瀬戸と内海のやりとりにページをめくるたびにドキドキワクワクさせられました」と語り、「原作を知らない方とこの気持ちを共有できると思うと、とても嬉しいですし気合いが入ります」と意気込んでいる。

清原が演じるのは、瀬戸と内海の同級生で、実家はお寺だという黒髪美人の樫村一期(かしむら いちご)。学園のマドンナで瀬戸から好かれているが、本人は内海のことが好きだという役どころ。「とても自分に正直で、天然で、少し計算高いようなイメージを受けました」とキャラクターについて述べた清原は、「今感じている彼女の印象だけでなく、これから演じていく中で新たな魅力を見つけ、表現できたらいいなと思っています。しっかりと研究をして、自分なりに素直に演じたいです」と演技プランを明かした。

また、『セトウツミ』の舞台である大阪出身の清原。「とても親近感が湧いています」と楽しげに語り、「1つ1つの場面を丁寧に演じて、視聴者の皆さんの期待を上回る作品になるように、樫村一期として一生懸命頑張りたいと思います」と力強くコメントした。