「Nintendo Switch」(「任天堂 HP」より)

写真拡大

 任天堂の時価総額は、8月23日終値時点で5兆972億円だ。東京証券取引所1部上場企業の時価総額ランキングの14位。キヤノン、武田薬品工業、日産自動車を上回り、本田技研工業(ホンダ)、ソニーに迫る。任天堂の時価総額は6月15日、8年5カ月ぶりに5兆円の大台に乗せて以来、好調を保っている。

 株価を押し上げたのは、3月3日に発売した家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」だ。スイッチは据え置き機でありながら、屋外に持ち出して複数の人が遊べるところに目新しさがある。

 当初、国内外で発売1カ月の出荷台数200万台を計画していたが、予想を超える274万台を記録した。その後も爆発的に売れ、6月末には累計販売台数は470万台に上り、現在も品薄状態が続いている。

 スイッチが牽引して任天堂の業績はV字回復した。2017年4〜6月期の連結決算(日本会計基準)は、売上高が前年同期比2.5倍の1540億円、営業利益は160億円の黒字(前年同期は51億円の赤字)、最終利益は212億円の黒字(同245億円の赤字)と黒字転換した。黒字幅は4〜6月期としては08年以来、9年ぶりの高水準となった。前年同期に350億円あった為替差損が、4〜6月期決算では円安に振れたため71億円の差益が出た。為替だけで421億円改善されたのが大きかった。

 ゲーム機本体だけでなく、ソフトも売れた。「ゼルダの伝説」シリーズの最新作などがヒットし、スイッチ向け販売が814万本となった。

 そのため任天堂は、18年3月期の業績予想で強気の見通しを立てている。売上高は前期比53%増の7500億円、営業利益は2.2倍の650億円の見込みだ。ただし最終利益は450億円で56%の減益になる。

 17年3月期の最終利益は1025億円だった。米大リーグ・シアトルマリナーズの運営会社の持ち株の売却益645億円や、任天堂が議決権の32%を所有する持ち分法適用会社、ポケモンからの投資利益202億円を計上したことによる。18年3月期は特別利益がなくなるため、最終利益は半減する。

 通期でスイッチは1000万台、スイッチ向けソフトは3000万本の販売を計画している。その好調の陰で悩みの種は、スイッチが品薄なことだ。増産したくてもスマートフォンに使われる半導体部品の需給が逼迫しているため、思うようにつくれない状況にある。

 最大の勝負どころは、10月下旬から始まる欧米のクリスマス商戦と日本の歳末商戦だ。この時期に、スイッチをどれだけ売ることができるかにかかっている。それは、今後の販売台数を占う試金石となる。かき入れ時に間に合うようにスイッチを増産して、品薄状態を解消できるだろうか。

●時価総額5兆円台はいつまで続く?

 それでは、任天堂の時価総額5兆円台はいつまで続くのか。ゲーム銘柄は株価の上昇・下降の振り幅が大きい。

 任天堂株は、据え置き型ゲーム機「Wii」などが人気だった07年に時価総額が10兆円の大台に乗せたあと、一度は1兆円台まで減少した。

 昨年、スマホゲーム「ポケモンGO」が盛り上がった際にも、任天堂の株価は乱高下した。16年7月19日の高値は3万2700円だったが、同8月初旬には2万円近辺まで急落した。

 そんななか、君島達己社長はキャラクターを提供するIP(知的財産)戦略に力を入れている。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は6月8日、20年夏をめどに開業する新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(ス―パー・ニンテンドー・ワールド)」の着工式を行った。USJは過去最高となる600億円を投じ、人気ゲーム「マリオカート」を模したアトラクションを設ける。任天堂ゲームのコアな利用者ではない家族連れに、キャラクターに直接触れてもらうような仕掛けをつくる思惑だ。

 任天堂は、ゲーム機とゲームソフトに続く柱に、人気キャラクターのライセンスビジネスを据える。マリオがその第一弾で、IP戦略の本丸がテーマパークだ。

 USJのテーマパークが実際に稼働するのは20年以降になる。それまでは浮き沈みが激しいゲームで生き抜いていかなければならない。

 株価は07年11月1日、上場来高値の7万3200円をつけた。ここ10年来の安値は12年7月25日の8060円である。

 スイッチ人気で、久しぶりに任天堂に活気が戻ってきた。17年の高値は6月27日の3万9530円。今後、4万円を超えるのか、逆に下落に転じるのか――。スイッチの品薄状態が年末まで続くと、市場では「株価の上昇は限定的になる」との見方も広がっている。
(文=編集部)