日本代表のW杯出場がかかった試合で2点目を決め歓喜する井手口陽介選手 写真:なかしまだいすけ/アフロ

写真拡大

 サッカー日本代表がW杯アジア最終予選でオーストラリアを破り、本大会出場を決めた。

 試合は完勝といえる内容で、采配を振るったハリルホジッチ監督以下、出場した選手全員がいい働きをしたが、ヒーローとして注目されたのは、先制ゴールを決めた浅野拓磨(シュツットガルト)と勝利を決定づける2点目をあげた井手口陽介(ガンバ大阪)だ。

 試合後は、このふたりのプレーを称賛する記事がネットにアップされたが、興味深かったのは井手口に対する反応。「見つかってしまった」(多くは関西弁の“見つかってもうた”といった表現)というコメントが相次いだのだ。

 コメントを寄せたのはガンバ大阪のサポーターをはじめとするJリーグのコアなファンだろう。この「見つかってもうた」というコメントほど、井手口陽介という選手と彼のプレーを見てきたファンの心情を的確に表すものはない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)