パズルを解くのが脳トレになるって知っていましたか? 問題が解けるとドーパミンが分泌され、その結果、集中力がアップ。認知症の予防も期待できるんです。

「懸賞パズルきぶん」vol.2刊行を記念して、新作パズルを公開します! 以下の3問を解いて、夏バテ気味の脳に一発、活を入れましょう。正解に至らなくても、チャレンジすることですでに脳は活性化しています。

【挑戦状1】まちがい探し「FLASH砲」

 (クリックで拡大表示)

上下のイラストの中に6個のまちがいがあります。下のエリア表のA〜Fの中で、まちがいのないエリアを丸で囲ってみてください。

※イラスト外にある点と点を線でつなげると、エリアがわかりやすくなります。

【挑戦状2】まちがい探し「一線は越えてない?」

(クリックで拡大表示)

【挑戦状3】推理パズル「芸能人の部屋はどこ?」

(クリックで拡大表示)

 9部屋あるラブホテルの各部屋に以下の職業の人がいます。

 芸能人/寿司職人/議員/弁護士/医者/不倫女性/公務員/キャバ嬢/経営者

 目撃者のヒントをもとに芸能人のいる部屋を推理してください。

 ※部屋は1つにつき、一人だけ出入りしています。

1. ホテルは3階建てで9部屋あり、キャバ嬢が1階の部屋にいます。
2. 不倫女性が202号室に入りました。斜め下の階に弁護士も入りました。
3. 医者と経営者は隣同士の部屋で、公務員は医者より下の階ですが、真下の部屋ではありません。
4. 寿司職人は2階のどこかの部屋に入りました。
5. キャバ嬢の部屋番号を並べ替えると、医者の部屋番号になります。
6. 議員は201号室にいたが、移動した。公務員より下の階です。
7. 弁護士の隣の部屋は芸能人ではありません。

↓解答は次のページにあります