1日、韓国南部、リゾート地としても知られる済州島の地下水などが家畜のふん尿で汚染された問題で、排せつ物を不法投棄していた養豚農家らの団体が会見を開き謝罪した。写真は済州島。

写真拡大

2017年9月1日、韓国南部、リゾート地としても知られる済州島(チェジュド)の地下水などが家畜のふん尿で汚染された問題で、排せつ物を不法投棄していた養豚農家らの団体が会見を開き謝罪した。韓国・ニューシスなどが報じた。

島内の290余りの養豚農家でつくる済州養豚産業発展協議会は済州道議会で会見を開き「今回の事態について生産団体としてすべての叱責と非難を重く受け止める」として謝罪した。また今回の問題を引き起こした責任について「家畜ふん尿は適法な手続きを取り環境を害さないよう処理すべきという基本的な義務と責任を忘却した農家や、彼らを教え導くことのできなかった私ども生産者団体にある」とし、今後、自治警察団による捜査に協力し、また不法投棄を行った農家に対して協議会からの除名などの制裁措置を取ると明らかにした。

済州自治警察団は先月19日、済州市内にある採石場工事現場の岩の割れ目から家畜のふん尿が流れ出し、付近にひどい悪臭がするとの情報提供を受け実態調査を進めてきた。調査の結果、現場近くの13の養豚農家のうち6カ所が、各数千頭ずつ飼育する豚のふん尿を計画的に無断で投棄していた疑いのあることが分かったという。

採石場そばには火山島の済州に多く天然記念物でもある溶岩洞窟があり、ふん尿はこの付近に大量に捨てられていたとみられる。洞窟は雨水を集め地下に流す自然の「地下水生成通路」の役目も果たしているが、投棄されたふん尿により地下水も汚染されたとみられている。

今も昔も韓国人に人気の国内旅行地が汚染されていた事実に、ネットユーザーからは「これで済州旅行をキャンセルした」「豚のふん尿の臭いをかぎに、高い飛行機代を払って行くことはない」などの声が寄せられている。また、「済州産ミネラルウオーターは大丈夫か?」「済州産の豚肉も不買だ」と済州名物の安全性に懸念を示す声や、「あの辺りの海水浴場に行くと、子どもも大人も全身にじんましんが出てかゆくてたまらなくなる。豚のふん入りの海だったのか」との経験談もあった。

さらに、謝罪した農家らに対しては、「謝って済む問題?原状復旧の費用を払わせるべきでは?」「謝罪ばかりしてないで責任を取って。きちんときれいに戻して」「心から反省してるのかな?運悪く自分たちだけ引っ掛かったと思ってそう」「どうせ前からやってたくせに、いまさら謝罪?」など厳しい声が上がっている。(翻訳・編集/吉金)