三徳包丁「虎徹」がドイツ産の銘品を超えた理由【5製品比較】

写真拡大 (全12枚)

毎日使うモノだからこそ、そのクオリティにはこだわりたいもの。今回は、店頭などでなかなか試すことができない包丁について、料理のプロと共に検証を加えました。切りやすくて、使いやすい。そんな逸品がこちらです!


肉・魚・野菜すべてに使える
三徳包丁の王者とは?


三徳包丁とは肉、魚、野菜のすべてに使えるようにデザインされた万能の包丁のことです。普通の家庭では、食材ごとに専用包丁を用意せず、すべてに使える三徳包丁を使っていると思います。

そこで今回は識者にそれぞれの食材を、科学する料理研究家、さわけんさんに実際に使用していただき、評価を加えました。

評価の焦点はこちらです。

マグロを切った時に繋がりが残らないか
フランスパンがいびつにならないか


まったくタイプが異なる食材を前に、どれだけスパッと切れるか、という点にご注目下さい。また、この他に、握りやすさ、洗いやすさも考慮に加えています。

果たして最も高い評価を得た一本の実力とは、どのようなものなのでしょうか?


お値段以上の切れ味
すべてが高レベルの逸品


最高評価を得たのはこちらの安田刃物の「関虎徹」。コバルトを含む地金で形成された長尺の刃は、とにかく切れ味がよく、調理時間の短縮に大いに貢献してくれます。崩れやすいトマトなども、刃を置いただけでスッと切れ、美しく切り飾ることができます。



安田刃物
関虎徹 V金10号
鍔付 三徳包丁1 180mm
実勢価格:4634円

[評価はコチラ]
フランスパンの切れ味:○
マグロの切れ味:◎



マグロもフランスパンもサックリ切れます。長さもあるので、お刺身作りにも適しています。

持ちやすさ:A 
適度な重みがあり、グリップも握りやすい作りになっています。

洗いやすさ:A 
刃と柄に継ぎ目がなく、際にゴミが溜まることがありません。清潔に使い続けることができます。



余計な力を入れることなく切れるので、トマトをこれだけ薄く切れるんです!


負けず劣らずの品質
長く使えるニトリの一本


ニトリの商品ですが、じつは刃物の名門、貝印のOEMです。良く切れ、作りもしっかりしているので長く使用できると高評価! 「関虎徹」同様、刃に継ぎ目がないので野菜くずなどが貯まりにくくなっています。

ただ、「関虎徹」と比較すると、「刃の長さがもうちょっと欲しい」(科学する料理研究家・さわけんさん)と、1歩だけ譲る形となりました。



ニトリ(貝印)
関孫六 CL三徳
実勢価格:3990円

[評価はコチラ]
フランスパンの切れ味:○
マグロの切れ味:◎



切れ味はいずれも合格点。ただ、お刺身を作るにはやや長さが足りませんでした。

持ちやすさ:A
作りがしっかりしていて、握りやすさも研究されています。重さもちょうど良い感じ

洗いやすさ:A
継ぎ目のないシームレスな作りになっています。継ぎ目にゴミが溜まる心配がないのは安心ですね


ドイツの定番ブランドは
優れた切れ味を実証



ちょっと変わった形状ですが、切れ味は上々。刃の反りが少ないので、刺身よりも野菜を切るのに向いています。

ただ、使い勝手の点で評価を下げてしまいました。


ヘンケルス
ケルン 三徳包丁
実勢価格:2179円

< b>[評価はコチラ]
フランスパンの切れ味:◎
マグロの切れ味:○



ドイツ製という由来が影響したのか(?)パンの切りやすさは一番でした。反面、刃の反りが足りず、生魚はやや切りづらくなっています。

持ちやすさ:B
グリップの作りが安っぽく、軽めに作られているため、持ちやすさとしてはややマイナスでした。

洗いやすさ:B
刃と柄の継ぎ目にゴミが溜まりやすくなっているので、洗う際に気を使う必要があります。


切った食材が
刃にくっつかないのが魅力


刃に溝があるので食材がくっつかないのは高ポイントです。ただ、切れ味が上位モデルと比較するとイマイチで、特に刃の喰いが悪いのが気になりました。



佐竹産業
濃州孫六作AOD三徳包丁 A-50P
実勢価格:3373円

[評価はコチラ]
フランスパンの切れ味:△
マグロの切れ味:△



持ちやすさ:C
比較すると軽すぎと感じるグリップになっています。とにかく軽さを求める人には適しています。

洗いやすさ:C
柄に刃を差し込む形で作られているため、ゴミが溜まりやすくなっています。


Amazonで人気
一体成型の美しいデザイン


パンは力を入れないと食材に刃が入らず……。マグロを切る際も切りづらさが際立つ結果になりました。固い食材を切るのには不向きですが、トマトなどはしっかり切れました。



下村工業
ヴェルダン 三徳庖丁165mm
実勢価格:1980円

[評価はコチラ]
フランスパンの切れ味:×
マグロの切れ味:△



持ちやすさ:B
グリップは指にフィットする形状。やや軽すぎる点が気になりました。

洗いやすさ:A
刃と柄が一体になっているので洗いやすさは抜群です。

店頭ではなかなか試すことができない包丁。しかし、一度いいものと巡り合った時の感動は想像以上の感動があります。今回の評価を参考に、あなたにあったベストな包丁を選んでみてください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。