戦前日本に考える「対北朝鮮」経済制裁の不安とは(撮影:梅谷秀司)

日本人はなぜあの戦争を止められなかったのか、あの戦争にいったいどれだけのカネがつぎ込まれたのか。
太平洋戦争に突入する前夜の日本、「戦艦大和」の建造計画を阻止するために山本五十六が海軍に招じ入れた若き天才数学者・櫂直を主人公にしたマンガ『アルキメデスの大戦』の作者・三田紀房さん。
山本五十六をダマして「水からガソリンを製造する」実証実験を霞が関の海軍省で行った詐欺師・本多維富を歴史の闇から発掘した歴史ノンフィクション『水を石油に変える人 山本五十六、不覚の一瞬』の著者、山本一生さん。
2017年8月、2人の異色対談が実現した。架空の天才と希代の詐欺師が照らし出す戦前昭和をのぞくと、現代の日本、そして北朝鮮問題が見えてくる――。

前編:国家予算の26%をつぎ込んだ「人造石油」計画

「英霊」を気にすると、戦争は簡単にはやめられない

ーーお2人にお聞きします。なぜ日本は太平洋戦争へと突入してしまったのでしょう。あの愚かな戦争は止められなかったのでしょうか。

三田紀房(以下、三田):戦争というものはすべて愚かなもので、愚かでない戦争はありません。それでもあえて「愚かな戦争」というのは、2度と戦争をしないための戒めとして、修辞が重なっても、戦争は愚かなものと言わなければならないと思っています。

太平洋戦争はアメリカとの対立が開戦原因と思っている方が多いかもしれませんが、当時の日本にとっては、太平洋戦争とは、日中戦争に勝利するための戦争なんです。日本は1937(昭和12)年から中国と泥沼の戦いを続けていました。

この戦いの根源は、日清・日露戦争にまでさかのぼります。当時、大陸の玄関口、日本の目と鼻の先にある朝鮮半島は最重要衝で、ここに清国やロシア帝国が影響力を及ぼすのは絶対に避けたい事態と考えられていました。日清戦争で朝鮮半島を勢力下に置くと、次は朝鮮半島の防衛には満州が重要となり、日露戦争が行われる。そして満州を得ると、満州防衛には中国が重要となる。もう切りがない。

朝鮮半島、満州までは世界列強各国も、日本の進出にまだ目をつぶっていましたが、中国となると話は別です。1930(昭和5)年、中国の総人口は4億5279万人といわれています。日本は6470万人で、アメリカは1億2363万人です。市場規模で考えた場合、中国に勝るものは存在しません。イギリスは3億5237万人の人口を持つインドを植民地として支配し、排他的なブロック経済で利益を独り占めしたうえ、1842年の南京条約で香港を永久割譲され、対中国貿易で巨万の利を得ていました。米国も1898年の米西戦争でフィリピンを得て、中国への進出準備を着々と整えていました。

三田:一方、日本も世界恐慌から立ち直るためには大陸進出が必須と叫ばれる。しかも、ここで後ろに下がると、これまで大陸で戦死した“英霊”に申し訳が立たない。「戦友の骨が埋まっている」と、退くに退けなくなる。血を流して勝ち取った土地を手放すことは国民が許さない。新聞やラジオは発行部数・聴取率アップのみの視点から反米感情をあおりにあおる。陸海軍は莫大な予算を得ておきながら今さら戦えません、とは口が裂けても言えない。あの戦争は起こるべくして起こった、と私は思います。

「戦争を止められた人」はいたか


三田 紀房(みた のりふさ)/漫画家。1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞(一般部門)、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。『砂の栄冠』は平成27年度文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品に選出された。現在、『ヤングマガジン』(講談社)にて『アルキメデスの大戦』を連載中(撮影:梅谷 秀司)

山本一生(以下、山本):日本が、なぜ戦争へと突入したのかについての最新の研究を読むと、止められそうな人はたくさんいたようです。それでも止められなかった。不思議ですね。内大臣だった木戸幸一は戦後、やはり、あれしかなかったと語っていて、無責任なように聞こえますが、実は当時の状況を的確に表現した重い言葉ではないかと私は思っています。

三田:止められる人がいるべきなのに、止められなかったというのは、現代の日本で、大企業でもまったく同じことが起きています。最近なら東芝がそう。全社を挙げて原子力事業に邁進し、ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー(WEC)を54億ドル(約6370億円)で買収し、世界3大原子力製造メーカーとなる。しかし2011(平成23)年、東日本大震災が起きて原子力発電所の安全神話が崩壊、全世界で原子炉需要が落ち込み、業績が悪化して、巨額損失を抱え、経営危機に立たされる。

WEC買収のとき、社内で警鐘を鳴らす者が誰かいなかったのか。誰も疑問を呈することなく突き進んだ結果、負債が拡大していき、気づいたときには、もう引き返せない。引くに引けない。ギャンブル中毒者と同じですよ。負けたら借金して、またギャンブル。こんなに負けたら、一発大穴で取り返さなきゃ、って。こうなると、もうダメ。冷静な判断など期待できない。

山本:確かに、東芝にはもう反対する人がいなくなっていたんでしょうね。反対意見を述べる者はだんだんと排除されていき、最終的には、止める人がいない。イエスマンだけで構成されると組織は危なくなっていく。

で、これだけ犠牲を払ったんだから、こんなに巨費を投じたんだから、といって暴走が止まらなくなる。人造石油もそうです。「石炭からガソリン」にここまで国費を投入したんだから後に引けなくなる。「水からガソリン」はタダ(笑)でしたけど。それで、戦争したら案の定、石油がなくなって、最後は、松の根から油を抽出する松根油に国民を動員する「松からガソリン」ですから。実は私、この人なら太平洋戦争を止めることができたかも、と考えることがあります。

三田:ほう! それは、それは誰ですか?

山本:近衛文麿です。

三田:えー!? 近衛文麿は3度にわたって総理大臣を務めており、日中戦争と太平洋戦争へと傾斜していく日本の国策のキーマンですよね。1937(昭和12)年の第1次近衛内閣時に日中戦争が勃発し、翌1938年正月に、「爾後國民政府ヲ對手トセズ」の有名な声明を発表し、日中講和は絶望的となりました。このことから戦前の首相中、近衛文麿は、東条英機に次いで評判が悪いですよね。

近衛文麿がやったこと、やらなかったこと


山本 一生(やまもと いっしょう)/1948年生まれ。東京大学文学部国史学科卒。石油精製会社勤務の傍ら競馬の歴史や血統に関するエッセーを発表。1997年にフリーになると近代史に転じ、恩師である伊藤隆東大名誉教授の下で『有馬頼寧日記』の編集に加わり、その後は「日記読み」として戦間期の日記を基に時代を読み解く作業を行っている。『恋と伯爵と大正デモクラシー:有馬頼寧日記1919』(日本経済新聞出版社)で第56回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(撮影:梅谷 秀司)

山本:1940(昭和15)年に第2次近衛内閣のときに、日独伊三国軍事同盟を締結、北部仏印(フランス領インドシナ:ベトナム)への進駐が行われ、日米対決は不可避の状況に陥ります。

三田:この仏印進駐は、連合国の中国支援路、いわゆる援蔣ルートを断って、中国の戦争継続能力を奪うことが目的ですね。

山本:翌1941年、第3次近衛内閣(改造内閣)が誕生します。そして南部仏印進駐が行われ、これに対し、アメリカは対日石油全面輸出禁止という究極の経済制裁で対抗します。

三田:戦後、太平洋戦争で米海軍作戦部長を務めたハロルド・スターク海軍大将は、こう語っています。「石油禁輸の後は、日本はどこかへ進出して石油を取得するほかなかったのであり、自分が日本人だったとしてもそうしたであろう」と。今までのお話からすると、近衛文麿が太平洋戦争の原因を作ったとは言えても、これを防ぐことなど、とうてい不可能のように思えますが……。

山本:「天皇の大権」として明治憲法に記された「統帥権」を軍部が振り回して、大陸での戦争を勝手に拡大します。近衛さんに同情するわけではありませんが、閣僚人事でも陸海軍の顔色をうかがうばかりで、総理大臣は軍事に関与できない状況にありました。

第1次近衛内閣発足の1カ月後に盧溝橋事件が起きて支那事変が始まりますが、近衛は、はなから蚊帳の外におかれて戦線は一方的に拡大していきます。近衛は、「ただ空漠たる声望だけあって力のない自分のようなものが何時までも時局を担当するということは、甚だ困難なことでございます」「どうも、まるで自分のような者はまるでマネキンガールみたようなもので、(軍部から)何も知らされないで引っ張って行かれるんでございますから、どうも困ったもんで、誠に申し訳ない次第でございます」と天皇に申し開きしています。

三田:山本五十六とともに、「海軍省左派トリオ」と称された対米英協調派の井上成美・海軍大将(トリオのもう一人は敗戦時の海相を務めた米内光政・海軍大将)は近衛を、こう評しています。「近衛という人は、ちょっとやってみて、いけなくなれば、すぐ自分はすねて引っ込んでしまう。

相手と相手を嚙み合せておいて、自分の責任を回避する。三国同盟の問題でも、対米開戦の問題でも、海軍にNOと言わせさえすれば、自分は楽で、責めはすべて海軍に押し付けられると考えていた。開戦の責任問題で、人がつねに挙げるのは東條の名であり、無論それには違いはないが、順を追うてこれを見て行けば、其処に到る種を播いたのは、みな近衛公であった」と。

「決められるリーダー」が戦争を始める?

山本:三田さんがおっしゃるように、なにかと評判の悪い近衛ですが、「すぐ自分はすねて引っ込んでしまう」、実はここがポイントです。家柄もいいし見栄えがよくて当時の国民から圧倒的に人気があった近衛は、実は、「決められない」リーダーだった。

第3次近衛内閣が総辞職するのは1941(昭和16)年10月18日、そして東条英機内閣が組閣され、太平洋戦争に突入するのですが、もし近衛文麿が、政権を投げ出さす、グズグズすねて首相をしていたら、いたずらに時間を浪費して、結果、日本が望みを託していたナチス・ドイツが独ソ戦で苦戦を強いられている、との情報が伝わり、対米開戦は不可能との結論に達したかもしれない。史実は、能吏の東条がテキパキことを進めて開戦に至るのですが。

12月5日、対米開戦の3日前、ナチス・ドイツはモスクワの23キロメートルまで迫りましたが、そこから赤軍の大反撃が始まります。ナチス・ドイツが、英国本土上陸、次いでソ連邦首都モスクワ攻略の両方に失敗します。ドイツに参戦しても大戦の見通しは暗い、ここは臥薪嘗胆すべき時……となれば、対米開戦は避けられたかも。しばしば「決められる政治」ということがいわれますが、時には「決められない政治」が有効な場合もあるということでしょう。

三田:うーん、どうでしょう。米国務長官コーデル・ハルが突き付けたハルノート(1941年11月26日アメリカ提案)を見ると、それも難しいような気がします。

戦って得た中国利権の放棄、三国同盟など外交関係の破棄など、平和主義者で日米開戦回避に全力を傾けたときの外務大臣・東郷茂徳もハルノートを見て、「これは日本への自殺の要求に等しい」「目が眩(くら)むばかりの衝撃に打たれた」と心境を吐露しています。日中戦争で南京攻略後の講和交渉で、日本側が過大な要求を突き付けたとき、蔣介石は日記に、こう記しています。「日本側の提出した条件は我が国を征服し滅亡させるに等しい。屈服して滅ぶより、闘って滅ぶ方がましである」。西洋人は負けるとわかったとき、降伏しますが、東洋人は、それでも戦う道を選ぶ気がします。だから太平洋戦争も戦った。


三田:開戦直前の8月28日、陸海軍、および民間から若手エリートを選抜して開設された内閣総理大臣直属の研究機関・総力戦研究所で対米戦の第1回総力戦机上演習(シミュレーション)が行われました。ここでは、極秘であった真珠湾作戦とアメリカの原子爆弾投下以外、敗戦直前のソ連邦参戦まで、ほぼ史実と同じ展開の末、日本必敗に至る、との結果が導き出されています。

これを見学し終えた東条英機は「實際の戰争といふものは、君達が考へているやうな物では無いのであります」「戰といふものは、計畫通りにいかない。意外裡な事が勝利に繫がつていく」と称して、あくまで開戦の決意を変えなかった。「窮鼠猫を嚙む」の故事もあるように、追い詰められたら弱者も強者に反撃する。アメリカもまさか日本が本当に戦争してくるとは思ってなかったでしょう。

北朝鮮と戦前の日本は似ている


山本:これは昔の日本の話だけじゃない。今現在の北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)にもいえる話だと思うんです。石油を止める、というのは、ほとんど戦争行為に等しい。先ほどの三田さんではありませんが、あまり北朝鮮を追い詰めないほうがいいような。

三田:今の北朝鮮は戦前の日本と似ているかもしれませんね。戦前、戦艦は、今でいう核兵器と同じ扱いで、国際条約で各国ごとの保有数と大きさ(排水量)が定められ、均衡による平和が保たれていた。そう考えると、北朝鮮の核兵器・大陸間弾道弾は、72年の時を経て蘇ってきた北朝鮮版の戦艦「大和」と「武蔵」なのかもしれない。

山本:なるほど。

三田:戦争は莫大な浪費にすぎません。おカネをドブに捨てるようなものです。太平洋戦争で陸軍が使用した軍事費総額は1133億9000万円、海軍は732億8400万円という巨費に達しています。戦艦「大和」の建造費1億4000万円どころではありません。


戦艦大和(写真:AP/アフロ)

そしてアメリカが第2次世界大戦に費やした総額は、米国議会調査局資料で3600億ドル、米国防省資料には3410億ドルと記されています。これを1941年当時の円ドル為替レートで計算すると、1兆5336億円と1兆4526億6000万円となる。つまりアメリカは日本の8.21倍(3410億ドルの場合、7.78倍)もの莫大な金額を投じたことになります。米国議会調査局資料が作成された2002年の物価で換算した場合、3600億ドルは、4兆7100億ドルとなります。この年のドル円為替レートは平均125.3円。つまり現代の日本円に換算した場合、590兆1630億円という天文学的な金額です。

さらに第2次世界大戦でアメリカは30万人もの戦死者を出しています。日本の戦死者は軍民合わせて200万人とも300万人ともいわれています。戦争に真の勝者など存在しない。ただ犠牲者のみが残る。そんな気がしてなりません。

(構成:後藤一信)