東京から地元に戻り、働き始めた相談者の男性。日々は充実していますが、自分が結婚する気がないことを理解してくれない家族に悩んでいます(写真:xiangtao / PIXTA)

女性の育児や仕事など、女性の問題ばかりが取り上げられるこのご時世。
しかし、男だって「男ならでは」の問題を抱えて生きづらさを感じています。男が悩むのは“女々しい”!? そんなことはありません。男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお答えします。
※お悩み相談はこちらの投稿フォームへ

■今回の相談
40代の独身男性です。都内のそこそこ有名な大学に受かり、上京。その後大学院に進みましたが、大成せず、数年前に逃げるように田舎に戻ってきました。今は地元で働いており、まあまあ充実した日々です。
ただ、困っているのは、一緒に住む祖父母や親がことあるごとに「いつかいい人と結婚してくれたら」と言うことです。自分が結婚に向いているとも思えませんが、結婚していない40代は、この地において“変な人”なのです。
                              朔太郎(仮名)

地方における「結婚するのが当たり前」主義への挫折

まずは落ち着いてください。

いわゆる団塊ジュニアを含むいまの40歳代は、その数が膨大ですので、競争の激しい世代だと言えます。例えば、受験一つ取っても、都内の有名な大学に合格するのは、簡単なことではありませんでした。

その上、40歳代前半の人々が大学を卒業する1990年代後半は、ちょうど不景気が重なり、就職氷河期が訪れました。ただでさえ数が多いのに、経済的な理由で入り口が狭まったので、少なくない若者が就職で挫折しました。1990年代における若者の就職難は、現代でも中年の非正規雇用という深刻な社会問題として尾を引いています。

朔太郎さんの場合、大学受験においては難関を突破し、大学院にも進学されています。確かに、数年前には「逃げるように田舎に戻った」のかもしれません。しかし、地元での仕事が充実しているご様子です。

朔太郎さんの現在の状況をもって「十分に恵まれているのに」と言うつもりはありませんが、悲観するほどの悪い状況ではないはずです。それにもかかわらず、「いつかいい人と結婚してくれたら」とご自身の結婚を諦めていない家族の姿勢に、なぜ挫折感を抱いてしまうのか。これを先に考えてみます。

株式会社クラレは、1996年から新小学校一年生を対象に、「将来就きたい職業」の調査をしてきました。これに加えて、2015年以降、小学校六年生に同じ調査をしています。小学校に入学する前の幼い子どもたちの夢は、社会の男女への期待をダイレクトに反映していて、それはそれで面白いのですが、ここではもう少し現実的に物事が考えられるようになった小学校六年生の調査結果を紹介しましょう。


男は小さい頃から「競争して勝て」と育てられる

高学年になっても、やはり男子の夢はスポーツ選手のようです。2位の研究者に10%近くの差をつけての一位となっています。3位・ゲームクリエーターは今時っぽいですが、4位・医師、5位・教員と、社会的に地位が高いとされる職業が上位に来ています。

女子の場合は、男子のスポーツ選手のように圧倒的に人気のある職業はありません。1位の教員、3位の医師の他は、2位・保育士、4位・看護師、5位・動物園・遊園地と、「女性向き」とされる仕事が選ばれています。「女性向き」と思われているのは、人や動物のお世話をする職業です。子ども時代を通じて、男の子は他人と競争、女の子は他人と協調するように育てられているため、こうした差が出てきます。

社会的に地位が高いとされる職業は、競争率が高いため、スポーツ選手は当然として、それ以外でも実現するのは難しいことです。なれるかどうかは、単に個人の努力だけではなく、運や環境といった要素にも大きく左右されます。それにも関わらず、どうして男だという理由だけで競争しろと煽られ、「大きな夢」を語らなければならないのでしょうか。

百歩譲って、高度経済成長期のように、昨日より明日、明日より明後日が経済的に「豊か」になる社会であれば、競争にも意味があったかのもしれません。当時は多くの人が、親世代よりも高学歴で、経済的にも恵まれた生活をできるようになる確率が高かったからです。しかし、どのような時代であれ、僕は男性をむやみに煽って、不安を駆り立てるような言動に対して懐疑的な見方をしています。一時的に「勝った」としても、「勝ち続ける」ことはほとんど不可能だからです。

先日、元プロ野球選手の清原和博さんが、広陵高校(広島)の中村奨成捕手(3年)について、スポーツ新聞の取材に答えていました。清原さんは、1985年に一つの大会で5本という甲子園の本塁打の記録を打ち立てていて、今回、中村選手がそれを破るのではないかと期待が集まっていました(中村選手はこのインタビューが掲載された日に2本のホームランを放ち、通算6本として新記録を樹立)。

清原さんは、高校時代に甲子園でスターになり、プロ入り後も、西武ライオンズ、そして、読売ジャイアンツで主力選手として活躍しました。少年時代に祖父からは、「和博、日本一の男になれ。日本一の男になるんだぞ」と言い聞かされていたそうです。「大阪で一番になっても、しょせん大阪の一番。東京で一番になったら日本の一番や」。この時、清原さんが日本一の男として思い浮かべていたのが、東京の読売ジャイアンツで活躍する王貞治選手です。

華々しいプロ野球選手としての経歴を誇り、数億円の年俸を稼いで、まさに地位も名誉も手にして「勝者」となった清原さんですが、覚醒剤に手を出し、家族とも離れ離れになってしまいました。王さんと同じように、読売ジャイアンツのクリーンナップの一員になった時、彼の「夢」は叶ったのだと思いますが、そこで人生がドラマや映画のようにエンディングを迎えるわけではありません。頂点に達した後も、人は現実を生き続けていかなければならないのです。朔太郎さんの抱く挫折感の背景には、男だからという理由だけで、競争を強いられ続けられることの理不尽さがあります。「大成しなかった」と思う必要は全くありません。

自由だが孤独な都会と、安心だが不自由な地元

ここで、改めて「いつかいい人と結婚してくれたら」というご家族からのプレッシャーについて考えてみます。朔太郎さんは故郷に戻っただけではなく、実家に住んでいます。日々の生活の中で、独身であることを心配される以外に何かご不満はあるのでしょうか。地元で一人暮らしをしないのは、もしかすると介護などの必要があるのかもしれません。しかし、文面から察するには、小言を言えるぐらいには元気なご家族とそれなりに楽しく生活しているという印象を受けます。

東京で一人暮らしをしている時には、当然のことながら、家族にも地域にも縛られずに自由を満喫していたはずです。その一方で、都会暮らしでは――それは個人的な思い込みではなく、概ね事実な訳ですが――誰も自分このことを心配してくれないのではないかという不安に駆られます。東京のような都市が与えてくれる自由は、常に不安と隣り合わせです。

その一方、地元での暮らしでは、心配してくれる人はたくさんいます。ただ、その分不自由が多いのだと思います。「結婚するかしないかは、個人の自由」という発想がなく、東京と比べて結婚が早い。そして、40代にもなればほとんどが既婚者で、子どもがいるのでしょう。したがって、ご自身が的確に表現されているように、「結婚していない40代は、この地において変な人」になってしまうわけです。

型に嵌った人生を送らないと周囲からとやかく言われるのは、実際煩わしいことです。東京との違いに落胆しているのかもしれません。しかし、言葉を変えれば、それだけ自分のことを気にかけてくれる人が身近にいるということでもあります。おそらく、故郷での朔太郎さんは不自由だけれど、安心して生活を送っているはずです。

もちろん、いくら地元には安心があるとはいえ、今後も暮らしていくのならば、40代で「変な人」なのですから、歳をとるごとにさらに周囲の視線が厳しくなることは確実です。安心を上回る不自由を課せられる危険性があります。ですから、お住いの地域の価値観とどのように折り合いをつけていくのかは、考えておかなければなりません。

まず、朔太郎さんがご自身を「変な人」と思わないことが大切です。日本全体で見ると、40代で独身の男性は珍しい存在ではありません。2015年の国勢調査によると、未婚率は40代前半で29.3%、40代後半でも25.2%です。50歳の時点で一度も結婚したことのない人の割合を示す生涯未婚率は、2015年には男性で23.37%になりました。加えて、各種の意識調査では、「結婚するか/しないか」、「結婚後に子どもを持つか/持たないか」は個人の自由という考え方が主流です。

ただし、数としては少数派ではないと本人が理解をしても、他人の見方が変わらなければ肩身の狭い思いをします。それでも、こうした統計を示して、周囲の人を説得しようと考えないでください。

特にご家族の場合、論理的な問題ではなく、感情的な問題だからです。他人が結婚しようがしまいが構わないし、都会では独身でも気兼ねなく生きていけるかもしれない。けれど、自分の子どもや孫には結婚して欲しいと願っているからこそ、ついつい嫌味に聞こえると分かっていながら「いつかいい人と結婚してくれたら」と言ってしまうのです。

東京と地元、両方の価値観を知っていることは強みだ

社会学者のピーター・L・バーガーは、「人間は、意味のある世界に住む権利を持つ」と述べています(『犠牲のピラミッド』)。「結婚するか/しないかは個人の自由」という価値観を支持する人もいれば、「普通の人は結婚する」という価値観に基づいて生きている人もいます。

現代の日本では、ダイバーシティが重要だという話をよく耳にします。それぞれの社会や人生に対する意味づけを尊重しながら、いかにして共に生きていくのかを考えていかなければならない時代になっているのです。

朔太郎さんの悩みは、一度は上京し、再び地元で生活をしているからこそ深まってしまったわけですが、両方の価値観を知っていることは強みでもあります。多様性が大切だと言いながら、自分の価値観に合わないものは否定したり、新しいものは正しく古いものは間違っているという単純な二分法を展開したりする議論をしばしば見かけます。

大学院まで研究を続けたのですから、朔太郎さんは、きっと知的で自分の頭で考えることが好きなはずです。多様性を認めるとはどのようなことなのか。同じ中年男性の一人として、僕も共に考えていきたいと思います。

読者の皆様から田中先生へのお悩みを募集します。「男であることがしんどい!」「”男は○○であるべき”と言われているけれど、どうして?」などなど、“男であること”にまつわるお悩み・疑問がある方はこちらまでどうぞ。相談者の性別は問いません。