女性誌『FRaU』で15年にわたって特集され、不動の人気を築いている占い『オリエンタル占星術』。

仏教の『宿曜経(しゅくようきょう)』をベースに、西洋占星術・インド占星術を取り入れ、東と西の占いを融合させた占いで、27通りの運命、378通りの相性があります。

眞子さまと小室圭さんを占う

2017年9月3日、秋篠宮家の長女である眞子内親王(以下、眞子さま)と、小室圭さんの婚約内定が発表されました。

眞子さまは、国際基督教大学(ICU)時代に小室圭さんと同級生でした。

2人がどんなご夫婦になるのか、気になる人も多いことでしょう。

そこで、今回は眞子さまと小室圭さんの相性を、『オリエンタル占星術』で占ってみました。

眞子さまは『畢宿』

1991年10月23日生まれの眞子さまは、頑張り屋さんの『畢宿(ひっしゅく)』。

ひたむきにひとりの異性を真剣に愛し、自分の方から動いて迫力と根性で意中の人の心を摑んでいく。

愛情に関することでも、努力を惜しまないのだ。

おっとりとしながらも芯の強さを感じさせる眞子さまは、愛情を注ぐのも真剣なのですね。そして、『畢宿』の人は、家庭に入ると良妻賢母になるそうです。

小室圭さんは『角宿』

1991年10月5日生まれの小室圭さんは、人気者の『角宿(かくしゅく)』。

爽やかで知的な雰囲気で好感度抜群の角宿は、みんなの憧れの的。

(中略)

男性は稼ぎのある女性やしっかり者の妻に恵まれる運があり、子煩悩な父親になる。

小室圭さんは、結婚運がよく、早めの結婚がオススメだそうです。

「しっかり者の妻」というところが、眞子さまのイメージにぴったりですね。

『畢宿』と『角宿』の相性は?

眞子さまと小室圭さんは、『栄親の関係』です。

「栄」と「親」は、どちらから見ても、プラスを与えあう、発展的で調和のとれた相性だ。

(中略)

男女なら、恋愛より結婚向きの相性。一緒にいるうちに次第に居心地のよさを感じ、やがてそれが深い愛情や絆になって自然に結婚という形になっていくことが多いだろう。

結婚すれば、安定感のある、末永く続く仲のいいカップルになれる。

このように、『栄親の関係』は素晴らしい相性のようです!

ただ、2人は『遠距離の栄親の関係』のため、分かり合うには少し時間がかかるそう。

結婚生活を通して、また違う面から、ゆっくりとお互いの理解を深め合うといいのかもしれません。

おふたりの幸せをお祈り申し上げます。

本記事は、2012年3月26日に発行された『はじめてのオリエンタル占星術 27宿の秘密』の原文を、許諾を得て引用しています。

[文・構成/grape編集部]