積極補強のアンタルヤシュポル、ローマからMFヴァンクール獲得

写真拡大

▽アンタルヤシュポルは4日、ローマからフランス人MFウィリアム・ヴァンクール(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年となる。

▽ナントの下部組織で育ったヴァンクールは、2015年8月にディナモ・モスクワからローマへ加入。昨シーズンは酒井宏樹の所属するマルセイユへレンタルで加入し、リーグ戦29試合に出場し1アシストを記録していた。選手自身はマルセイユ残留を希望したものの、マルセイユがローマの要求する移籍金の支払いを拒んだことで、新天地はトルコとなった。

▽なお、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーらが所属するアンタルヤスポルは、今夏の移籍市場で元フランス代表MFサミル・ナスリや元フランス代表FWジェレミー・メネーズを獲得していた。