吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間4日、ロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦に向け前日練習を行った。

「相手は本当に本気なので、こういう経験ができることはなかなかない。僕も含めてすごく大きなチャレンジになる。新しい選手も何人かトライすると思うし、こういう経験ができるのは成長するためにすごくいいチャンスじゃないかなと」

 吉田麻也は、サウジアラビア戦に向けてこう語った。ディフェンスリーダーは最終予選全試合フル出場中だが、今回の一戦では若手が試される可能性もある。いずれにしても得難い経験になることは間違いない、と吉田は考えている。

「大きな財産になると思うし、そこでテストができるっていうのは監督にとっても選手にとっても物凄くいいものになると思う。僕が出るにしても、出ないにしても、出なければ外から見て新しいヒントを得られる可能性もある。出ればいつも通りやるだけ」

 W杯出場を決めている日本にとっては、サウジアラビア戦は消化試合である。しかし、「W杯に向けての準備という意味でもひとつも無駄な試合はない」と吉田が言うように、ここからもう一度気を引き締めて臨まなければならない。

「代表でプレーする以上、負けていい試合はひとつもない。明日も勝ちに行くだけ」

 吉田は日本代表の誇りを胸に、最終予選ラストゲームに臨む。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部