ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は4日、ロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア代表戦の前日会見に臨んだ。

「この試合は、成功した後の試合になる」と指揮官は言う。8月31日のオーストラリア代表戦に2-0で勝利し、6大会連続のW杯出場を決めたハリルジャパン。この試合の後、キャプテンの長谷部誠と香川真司がチームを離れた。埼玉スタジアムでのゲームは大一番だったこともあり、選手たちは心身ともに疲弊している。

 ハリルホジッチ監督の言葉通り、今回のサウジアラビア戦はW杯出場権獲得という成功を収めた後の試合だ。選手起用が注目されるが、「どんなチームでいくか完璧には決めていない」と明言を避けた。それでも、勝利を追求することに変わりはない。

「暑さと湿度、気候状況においてはサウジアラビアの選手たちの方がアダプトしているでしょう。ただ、我々はどこの国に行っても勝利を目指している。野心がある。難しい試合になるだろうが、サウジアラビアにとっても難しい試合になる」

 選手たちにも、気持ちを引き締めるよう檄を飛ばしたという。

「フランスのことも話した、ルクセンブルクに驚きの結果だった。どんな相手でも小さなゲームはない」

 ロシアW杯欧州予選グループA第8節、フランス代表はホームでルクセンブルクとスコアレスドローを演じた。格下相手に優位に試合を進めながらも勝ち点3を奪えなかった強豪国を引き合いに出し、ハリルホジッチ監督は選手たちにサウジアラビア戦の重要性を説いた。

「サウジサラビアのホームで、クオリティも高いチーム。我々にとって高いレベルの挑戦になる」

 サウジアラビアは死に物狂いで向かってくるはず。そんな相手を敵地で叩ければ、ハリルジャパンにとって大きな成功体験となる。強い気持ちと高いモチベーションを持って臨みたいところだ。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部