パリ・サンジェルマンのネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジル代表のレジェンドであるペレ氏は、FWネイマールがバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を決めたのは正しい選択だったという見解を述べている。3日付のスペイン紙『マルカ』が独占インタビューを伝えた。

 バルサでFWリオネル・メッシ、ルイス・スアレスとともに“MSN”と呼ばれた強力3トップを形成して活躍を見せていたネイマールだが、この夏にPSGへと移籍。PSGはバルサとの契約解除金に設定されていた2億2200万ユーロ(約289億円)を支払い、サッカー界史上最高額の移籍を実現させた。

「いまブラジルで最高の選手はネイマールだ。この移籍は彼にとって非常に良いことだと私は思う」とペレ氏は語る。その理由について、「バルセロナではメッシとの大きな競争があったからだ」と述べている。

「彼にとって良い機会だと思うし、移籍する必要があったと思う。これで彼は本当に、自分のプレーで何ができるかを見せられるからだ。同時に、責任を負わされることになるため非常に危険なことでもあるがね」

 ペレ氏は、ネイマールがPSGでバロンドールを受賞することも「もちろん可能だ」と主張。リバウド、ロナウド、ロナウジーニョ、カカーに続くブラジル人選手5人目のバロンドール受賞に最も近い位置にいるのはネイマールだという考えを述べた。

text by 編集部