@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

限定仕様のラ フェラーリ・アペルタ

フェラーリは創業70周年を記念し、慈善事業団体のセーブ・ザ・チルドレンを支援するために、特別なラ フェラーリ・アペルタをオークションに出品する。

このオークションは、RMサザビーズの主催で9月9日に開催される「Leggenda e Passione」の中で行なわれるものだ。


これはフェラーリのフィオラーノ・サーキットで開かれるもので、単独ブランドのコレクターズカーを扱うオークションとしては、史上最も重要なものになることが期待されている。

ラ フェラーリ・アペルタは、フェラーリの創業70周年を記念して特別に開発された限定モデル。フェラーリに対して最も熱い情熱を抱いている顧客に向けた1台であり、ハイブリッド・スーパーカーとして高く評価されたラ フェラーリのオープントップ仕様車だ。
 

ダブルレーシング・ストライプ

フェラーリがオークションのために用意した1台は、特別なボディデザインに仕上げられている。全体が魅力的なメタリックカラー「ロッソ・フォーコ」で塗装されていて、ボンネットとリアにはメタリックの「ビアンコ・イタリア」によるダブルレーシング・ストライプがあしらわれている。


インテリアは、ブラックのアルカンターラとシャイニーブラックのカーボンファイバーが目を引く仕上がり。レッドのレザーインサートがシートに用いられている点や、レッドのステッチ加工が施されている点も個性的である。

オークションの収益は全額がセーブ・ザ・チルドレンに寄付され、教育にフォーカスした国際プログラムに用いられるという。