「ショッピングモールの歌姫」半崎美子、台湾でライブ  ファンが行列

写真拡大 (全2枚)

(台北 4日 中央社)「ショッピングモールの歌姫」と呼ばれるシンガーソングライターの半崎美子が2日、台北市内でフリーライブを開催した。ライブ終了後に行われたサイン会には、地元ファンが行列。2年前に8歳の娘を病気で亡くしたという40代の女性は、半崎の歌に「心が癒やされた」と語り、半崎に感謝した。

半崎は先月3日にミニアルバム「うた弁」 を台湾でリリース。 フリーライブは同作の発売を記念して行われた。

中央社のインタビューに応じた半崎は、「想像以上に台湾の人々の暖かい歓迎の気持ちを感じた」と台湾でのイベントの手応えを語った。また、 ファンに「台湾にはあなたの歌が必要だ」と言葉をかけられたことに触れ、「とても自信になったし、日本と同じように、 言葉の壁を越えて歌が届くということに感激している」 と話した。

半崎は2日のライブ終了後、ツイッターを更新し、「台湾もお弁当文化でお弁当を通じた愛情のやりとり、家族の絆はやはり日本と同じでした。また必ず帰って来ます!再見!」とつづった。

半崎は前日の1日にも新北市内のアウトレットモールでライブを行った。

(楊明珠)