4日、韓国で最近、元慰安婦をテーマにした映画が相次いで制作されている。写真は韓国・釜山にある慰安婦少女像。

写真拡大

2017年9月4日、韓国で最近、元慰安婦をテーマにした映画が相次いで制作されている。

韓国・聯合ニュースによると、これまでに制作された慰安婦関連の映画のほとんどが「過去の痛み」に焦点を当てていたのに対し、最近の作品は一般大衆の目線に合わせてアプローチ方法が多彩になった点が特徴的だという。

秋の大型連休に合わせて公開される映画「アイキャンスピーク」は元慰安婦の現在を重過ぎない「ヒューマンコメディー」というジャンルの中で表現した点が注目を集めている。元慰安婦が外国で被害事実を証言するために英語を学ぶ姿が愉快かつ感動的に描かれているという。

今月撮影が始まる映画「ハーストーリー」も元慰安婦のつらい過去ではなく、少女からおばあさんになった元慰安婦の現在を描いている。映画は元慰安婦らが日本政府を相手に一部勝訴判決を受けた裁判を扱っている。1992年から6年間、釜山と下関を行き来して法廷闘争を繰り広げた元慰安婦らは一審で一部勝訴するものの二審で判決が覆り、日本政府から謝罪や補償を受けることができなかった。

また、昨年に観客動員数385万人を記録した映画「鬼郷」の続編も14日に公開される。今回の作品には前作で除外された場面と元慰安婦らが共同生活を送る「ナヌムの家」が提供した元慰安婦の証言映像が含まれているという。同映画のチョ・ジョンネ監督は「前作が元慰安婦の被害事実を知らせるための映画だとすると、今回の作品は歴史的事実を証拠として残すための映像証言集」と説明した。日本を含む世界10カ国、61都市を回って「鬼郷」の上映会を開いたチョ監督は今回も世界中で上映会を開き、旧日本軍慰安婦問題を積極的に広めていく予定だという。この他、第2次世界大戦中に長崎・端島(軍艦島)に強制徴用された朝鮮人らの姿を描いた映画「軍艦島」の制作会社も慰安婦をテーマにした映画「還郷」を準備している。さらに、慰安婦をテーマにした中韓合作映画も制作されているという。

こうした動きについて、評論家のユン・ソンウン氏は「昨年の『鬼郷』の成功や今年3月の『雪道』の公開を通して慰安婦をテーマにした映画が一般大衆にも受け入れられるということが分かった。それが映画の制作を活発化させている」と分析した。また、「元慰安婦生存者が少しずつ減っており、慰安婦問題の解決が急がれている点も映画界が積極的に動く理由となっている」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「国のために頑張ってくれてありがたい」「望ましい動きだね。文化の力で乗り越えられるという希望。もちろん、日本の心からの謝罪が第一だけど」「慰安婦テーマの映画をもっとたくさん作るべき」など慰安婦をテーマにした映画の制作に好意的な声が寄せられている。

また、「韓国の親日派にもぜひ見てほしい」「被害者らの苦痛を共有することも大事だけど、韓国にとっては親日独裁勢力の清算がより大切だ」「反省しない日本は今も韓国の敵。早く過ちに気づいてほしい」などと主張する声も。

そのほか「韓国は小さいけど偉大な国だ。現在も大きな国のせいでいろいろとつらい思いをしているけど、過去を忘れないようにしよう」と呼び掛ける声もみられた。(翻訳・編集/堂本)