Caravan、フルアルバム『The Harvest Time』発売 ハーベスト10周年記念ライブで先行販売も

写真拡大

 Caravanが、11月15日にニューアルバム『The Harvest Time』を発売する。

(関連:ロックバンドは“フェス”とどう関わっていくのか? 兵庫慎司がライブ現場から考える

 同作は、前作『Quiet Fanfare』より4年ぶりのオリジナルフルアルバム。2016年11月にDVD+LIVE CD『ノマドの窓』を発売し、2017年のリリース予定はなかったが、数多くの楽曲が生み出されたため、自身が所属するマネージメント及びライブエージェント<ハーベスト>の設立10周年を記念し、フルアルバムを発表する運びとなった。

 2011年に完成した自身のアトリエ「Studio Byrd」にて、 Caravan自らが全14曲のレコーディングからトラックダウンまで行った。レコーディングには堀江博久(ピアノ)、宮下広輔(ペダルスチールギター)、棟元名美(チェロ)といった馴染み深いメンバーが参加。また、Caravanの友人でVANS、NIXON、 BEAMS等へのアートワークの提供などで知られている世界的なイラストレーター花井祐介氏がイラスト、 グラフィックで参加している。

 さらに、10月15日に昭和女子大学人見記念講堂にて開催されるハーベスト10周年記念ライブ『HARVEST 10th Anniversary Special Live 〜The Harvest Time〜』の会場にて、『The Harvest Time』を特別先行販売することも決定した。(リアルサウンド編集部)