“焼肉専用”レモンサワーから“煙”のカクテルまで 何だか気になるドリンクあれこれ

写真拡大

日本では日々さまざまな商品が誕生しているが、季節の変わり目はまさに新商品ラッシュ。新しい味の食べ物や飲み物がひっきりなし登場している。そんな中、編集部の目にとまった三つのドリンク、「“焼肉専用”レモンサワー」「愛媛かんきつストレートジュース」「“煙”のカクテルこと香りを食べるカクテル」について紹介しよう。

■“焼肉専用”レモンサワー

筆者はレモン好きなので、飲む時にもレモンサワーを頼む。だが、レモンサワーなんてたいがいどの店でも一種類、多くて二種類ぐらしかない。レモンサワーと生レモンサワー、この二種類が相場だ。だが、焼肉ホルモン『BEBU屋(ベブヤ)』大崎店では、なんと八種類ものレモンサワーを提供しているのだ。レモンの酸味とのど越し爽やかな炭酸が、焼肉のこってりとした脂によく合うということがその理由であるが、八種類とはすごい数である。

レモンサワー
生レモンサワー
丸ごとレモンサワー
酸っぱいレモンサワー
凍らせレモンサワー
レモンシャーベットサワー
シャリキンレモンサワー
酸っぱい凍らせレモンサワー
自家製岩塩レモンサワー

ちなみに価格はレモンサワーが299円(税込)で、それ以外はすべて350円(税込)である。生レモンサワーと丸ごとレモンサワーは何が違うのだろう?とか、凍らせレモンサワーとレモンシャーベットサワーは同じではないのか?とか、いろいろ気になって仕方ないラインナップである。ここはもう、料金も良心的であるし、すべて飲んでみるしかない!?

■四姉妹物語!?愛媛かんきつストレートジュース

ドトールコーヒーショップで9月7日より発売になる「愛媛かんきつストレートジュース」は、愛媛県産の柑橘4種(せとか、はるみ、はるか、はれひめ)をバランスよくブレンドした100%ストレートジュースである。せとか以外の品種は三段活用みたいであり、なんとなく筆者の想像ではこの四種類が四姉妹のように思えてしまう。

はるみ:糖度が高く、適度な酸味と香り豊か→おっとり長女
はるか:酸味が少なめでさわやかな甘味→さっぱり次女
はれひめ:酸味が少なめで甘く、オレンジのような風味→個性的な三女
せとか:果汁が多く、濃厚な甘味→甘えん坊な末っ子

全体的に酸味よりも甘みが増したジュースのようで、四種類もブレンドする必要があるのか素人にはさっぱり分からないが、きっとおいしいのであろう。Sサイズは360円(税込)とのことなのでまずは発売されたら飲んでみたい。

■“煙”のカクテルこと香りを食べるカクテル

最後に紹介するのはまさに変り種ドリンクである。大阪新阪急ホテルの二つのバーで9月1日から登場している「香りを食べるカクテル」は、紅茶のリキュールが入ったティーポットから、煙と共に立ち上がる紅茶(ダージリン)の香りを巨峰のカクテルに注ぎ、香りを楽しみながらいただく趣向となっている。

香りを食べるってそれって空気を食べる=吸い込むだけなのでお腹は何も満たされませんが……などと野暮なことは言わず、心を満たせばいい!?

いずれにせよ、見た目のインパクトは半端ないので、フォトジェニックなカクテルをお探しの方はチャンレジしてみては? ちなみに巨峰のカクテル、小菓子2種付で1,800円(税込)となっている。

以上、三つの珍しいドリンクを紹介したがいかがだっただろう。秋は新商品が巷に溢れる季節。ついあれもこれもと食べたくなってしまうことだろう。でも大丈夫だ。教えて!goo ウォッチでは「専門家が指南!食欲の秋、食べ過ぎ防止に役立つ食材、消化促進になる食材」という記事も公開している。ぜひこちらの記事をチェックし、食欲の秋を満喫してほしい。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)