マルセイユ、adidas最終モデルとなる2017-18シーズンのユニフォーム!

写真拡大 (全9枚)

2017-18シーズンは国内のリーグ戦・カップ戦と並行して、ヨーロッパリーグを戦うマルセイユ。

在籍2シーズン目を迎えた酒井宏樹は、ハノーファー時代に一度ヨーロッパリーグを戦っている。その経験をマルセイユで活かすことが出来れば、昨シーズン以上の存在感を示すことも可能だろう。

マルセイユの2017-18シーズン用ユニフォームは、5月9日にホーム、アウェイ、サードの各モデルが発表されている。なお2018-19シーズンからはPumaのキットを着用するため、長く使用したadidasのキットとは、今シーズンをもってお別れとなる。

Marseille 2017-18 adidas Home

adidas最後のホームキットは、80年代後半から90年代前半の黄金期を思い出すホワイト/ブルーのシンプルなデザイン。薄っすらとストライプ模様になっている。

内側の首元に見えるイエロー/レッドのストライプは、ホームタウンのマルセイユが属する“プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏”の、旗のデザインに見ることが出来る。

背面も至ってシンプルなデザイン。ネームナンバーの色はユニフォームの差し色と同じブルーだ。

Marseille 2017-18 adidas Away

首周りはクルーネックを採用。過去のユニフォームと似ているデザインではないが、このシンプルさはホームキットと同様に黄金期を想起させる。

スリーストライプスは脇下から裾にかけて伸びており、エンブレムやメーカーロゴと一緒にホワイトでまとまっている。

Marseille 2017-18 adidas Third

ポロシャツのようなデザインのサードキットは、マルセイユでは珍しくパープルを採用。胸元は3つボタン止めとなっている。

スリーストライプスは、アウェイキットと同じく脇下から裾にかけて。エンブレム、メーカーロゴも含めて差し色はホワイト一色だ。

他のキットも同様だが、今シーズンのユニフォームはエンブレムの一部分を除いては、2色しかシャツ本体には使用していない。

サードキット最大の特徴は、このオールドタイプのエンブレム。これは1899年のクラブ創設当時のものと、ほぼ同じデザインだ。

マルセイユといえばadidasというイメージが強いだけに、今シーズン限りとなると少々寂しいような気がする。クラブを長く支えてきたadidasのためにも、良い形でシーズンを終えたいところだ。