『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』3巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

写真拡大

 2017年8月30日(水)にアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第22話が放送され、回想シーンで描かれたサクラのセリフに「照れてるサクラが尊い」と反響を呼んでいる。

 前回の放送で写輪眼の使い手・シンの襲撃を受け、サクラを連れ去られてしまったナルト一行。今回放送された22話では、襲撃の裏に大蛇丸が関わっているのではないかと疑う。サスケは厳重な監視下にある大蛇丸に関して、直接は関与していなくてもシンの情報を引き出す必要があると冷静に判断。そんなサスケの態度にサラダは不満を募らせていく。

 サラダはサクラと自分には血の繋がりはないのではないかと疑っていて、サスケとともに写真に収まった香燐が本当の母親なのではないかと不安のようす。大蛇丸の研究所で合流したサスケの昔の仲間・水月に香燐の情報について聞き出す中で、サラダは香燐の遺伝子と自分の遺伝子の比較鑑定を依頼。分析の結果、遺伝子が一致することが判明する。

 衝撃の事実にショックを受けたサラダは写輪眼を開いてしまうほど悲観して、サクラを助けに行こうと言うナルトを「ウソつき」と呼び拒絶してしまう。しかしナルトから「つながりってのは時間や血だけじゃねえだろ? それより強えもんがある」と諭され、サラダはサクラに対する“想い”を再確認していく。

 重々しい場面が続く今回の放送だが、サラダがサクラと過ごした時間を回想する場面では、熱を出したサラダを看病するサクラなどが描かれた温かいものに。さらにサラダから「ママってさ、パパとキスしたことある?」と尋ねられ、キスより“もっといいこと”を思い出したと微笑むサクラに視聴者は興奮。「キスよりいいこと? そこのところ詳しく」「サクラさん可愛すぎですね」「サクラめっちゃ幸せそうですやん」「また今度、ぜひ教えてください」といった声が溢れ、空気を和ませた。

 衝撃の事実が判明してしまった今回のエピソード。今後サクラとサラダの関係がどう変化していくのか注目だ。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週水曜 17:55〜
放送局:テレビ東京系※リピート放送 テレビ東京系 毎週土曜 7:00〜/BSジャパン 毎週火曜 深夜0時58分〜
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/