ブラジル代表のパウリーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 元ブラジル代表FWのエジムンド氏は、同代表MFパウリーニョとフランス代表MFポール・ポグバを比較し、パウリーニョはより効果的なプレーができる選手だと評している。ブラジル『FOXスポーツ』でのコメントを各国メディアが伝えた。

 パウリーニョは先月14日に、中国の広州恒大から移籍金4000万ユーロ(約52億円)でバルセロナへ移籍することが決定。現在はブラジル代表に合流しており、先週行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のエクアドル戦では1ゴールを決めて勝利に貢献した。

 東京ヴェルディや浦和レッズでプレーした経験も持つエジムンド氏は、そのパウリーニョとポグバとの比較について、「パウリーニョはポグバよりも効果的だ」とコメント。一方のポグバについては「よりボールを持つ選手」だと述べている。

 実際にパウリーニョは、南米予選では8試合で5得点と直接的にゴールを生み出す貢献を見せている。バルサが高額の移籍金で獲得したことに対しては懐疑的な見方もあるが、これからクラブでもその力を発揮することができるだろうか。

text by 編集部