NHK『SONGS』で吉田豪と初対談する工藤静香

 今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤静香が14日、NHKの音楽番組『SONGS』に出演する。今回は、ファンを集めたSONGSだけのスペシャルライブを開催。「鋼の森」をテレビ初披露するほか、ヒット曲もたっぷりと届ける。また、“プロ・インタビュアー”の吉田豪が初対談で、本音を探る。工藤が「冷や汗出てきた」とたじたじになる場面も。

 代表曲10曲によるスーパーメドレーを届ける。メドレーでは、なんと、おニャン子クラブから派生したあの伝説的ユニット“うしろ髪ひかれ隊”の曲「時の河を越えて」を、テレビで30年ぶりに披露。

 さらに、「MUGO・ん…色っぽい」「嵐の素顔」「慟哭」「黄砂に吹かれて」「くちびるから媚薬」「抱いてくれたらいいのに」「FU-JI―TSU」「恋一夜」「千流の雫」。ヒット曲のみ怒涛の10曲を集めた。

 また、静香が“若い女性の背中を押してあげたい”という思いを込めて作詞したと語る「鋼の森」も、テレビで初披露する。

 そして、アイドルからプロレスまで、サブカルチャーの分野で縦横無尽の活躍を続ける、“プロ・インタビュアー”の吉田豪が、初対談で工藤静香の本音に切り込む。

 工藤本人すら忘れていたような「過去の発言」を吉田豪が発掘。「絶対にしたくないことは?」の質問に対する、かつての回答を明かされ、工藤も「冷や汗出てきた」とたじたじに。アイドル時代から今まで、工藤が大事にし続けてきたことや、工藤の生き方が、浮き彫りになる。