The Order Made

 5人組バンドのThe Order Made(オーダーメイド)が16日に、1stシングル「未来地図」をリリースする。テレビ東京系『プレミアMelodiX!』9月度エンディングテーマに起用され、ポップながらもどこかクセになるダンスロックチューンに仕上がっている。元フジファブリックの足立房文がサウンドプロデュースをおこなった。ボーカルのWataruは「自分たちの力で幸せへと繋げていくんだという想いを込めた作品」とコメントした。

 The Order Madeは2013年9月に結成。Wataru(Vo) 、Ryota(Vo、Gt) 、Chikara(Gt)、Minori(Ba) 、Shuhei(Dr)の5人組。 ダンスチューンを軸とした音楽性で会場をパーティ会場へと変える。ただのダンスチューンだけでは終わらない切ないメロディーと胸を締め付けるサウンドで魅せる。

 1stシングル 表題曲「未来地図」はポップながらもどこかクセになるダンスロックチューン。カップリングの 「FANTASTIC BOY」は疾走感のあるロックナンバーとなっている。「未来地図」はテレビ東京系『プレミアMelodiX!』9月度エンディングテーマに起用されている。

 サウンドプロデュースは両曲共に足立房文(ex.フジファブリック)、マスタリングは故・David Bowieさんの遺作となった「Black Star」や、Foo FightersでおなじみのJoe LaPorta(Sterling Sound)が担当した。 10月28日には渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブをおこなう予定。

 ボーカルのWataruに今作について尋ねると「先が見えないこんな時代だからこそ、大切な人たちと共に描いて行く「未来」を楽曲にしました。シンプルな未来への地図では無く、分かれ道や回り道、たとえ入り組んでいたとしても、『自分たちの力で幸せへと繋げていくんだ』という想いを込めた作品です」と作品について想いを語った。【三浦洋平】