2017年9月2日にららぽーと横浜でリリースイベントを行ったPrizmaX

写真拡大

5人組のダンスヴォーカルユニット・PrizmaX(プリズマックス)がニューシングル「Orange Moon」(2017年8月30日発売)のリリースを記念したフリーライブを開催。新宿からスタートしたフリーライブツアーの10か所目、ららぽーと横浜でのイベントの模様をリポート!

【画像を見る】俳優としても活躍するメインボーカルの森崎ウィン

秋晴れの心地よい気候の中、「みなさんこんにちは!PrizmaXです!」と集まったファンの前に登場し、まずは「Orange Moon」のカップリング曲「カフェオレ」からライブがスタート。開放的なステージの周りには、多くのファンが集まり会場も盛り上がり始める。続いて、アップテンポなナンバー「Three Things」を歌い、メンバーのテンションもヒートアップ!

MCではパフォーマーの島田翼が「ぼくの地元でもある横浜のみなさん盛り上がってますか〜!実は昨日、横浜ウォーカーに載ってるスパに行ってきたんだよね」と“横浜愛”あふれるトークを披露する一面も。

続いて、リリースしたばかりの8thシングル「Orange Moon」と、「OUR ZONE」を2曲続けて歌い上げる。ミドルテンポで大人らしい歌詞が魅力的な新曲「Orange Moon」は、夏の終わりのこの時期に聴くのにぴったりな楽曲だ。最後は「Woh!」で会場のファンと一緒に盛り上がり、ライブは終了。

イベント終了後のインタビューでは横浜出身のメンバー・黒川ティムが「横浜のライブの日は朝起きたときに気持ちいいんです!」と発言すると、「家が近いからゆっくり寝られるからね」と突っ込みが!「まあ、それもあります(笑)」と素直に認めつつも、「ららぽーと横浜のステージは、360°ステージから周りを見渡せて開放感があるからパフォーマンスしていて気持ちいい。みなさんの顔もよく見えます」と満足気にコメント。同じく横浜出身の島田翼は「まずは来てくださったホリック(ファン)のみなさんに“横浜に来てくれてありがとう”を伝えたいです。それから“横浜、楽しいだろ?”って!せっかく来てくれたからには、どこかふらっと散歩して帰ってくれるといいなって思います」とここでも“横浜愛”をアピール!10か所を終えたリリースイベントについては「ホリックのためでもあるけど僕たちのためでもある。元気をもらっています」と森崎ウィンが語ってくれた。

2017年12月23日(祝)には、彼ら自身も初となる日本青年館ホールでのワンマンライブ「PrizmaX Live Level 6 悲しみを乗り越えて人は強くなれるだろう〜Memory〜」の開催が決定!詳細は公式HPをチェックしよう。【横浜ウォーカー編集部】