docomo、au、SoftBankの大手3キャリアから格安SIMへMNP(電話番号そのまま乗り換え)をする時に必要な初期費用はいくらか知っていますか?

乗り換え時にかかる初期費用について解説します。

乗り換えの初期費用

格安SIMに乗り換える時に必要な初期費用は以下の通りです。

1、契約解除料
2、MNP転出手数料
3、新規契約手数料
4、SIM発行手数料

これらをすべて合わせると16,000円ほど。結構かかりますね。

内訳を見ていきましょう。

1、契約解除料

ほとんどの人がキャリアと結んでいる2年契約。これを途中解約する場合は契約解除料が発生します。

契約解除料はdocomo、au、SoftBankともに9,500円(税抜)です。

2年に1度だけ訪れる「更新月」を狙って解約すれば契約解除料が0円で済むので、1度確認してみましょう。

更新月についてはこちら
【格安SIM】いつ乗り換えるのがお得? 最適な時期を確認しよう!

2、MNP転出手数料

MNP転出手数料とは、電話番号そのままに他社キャリアや格安SIMへ乗り換える際に、現在契約しているキャリアへ支払う手数料です。

docomoなら2,000円(税抜)、au、SoftBankなら3,000円(税抜)のMNP手数料が発生します。

この手数料には割引サービス等はないので、必ず必要となります。

3、新規契約事務手数料

新規契約手数料は、新しく契約する格安SIMに支払う手数料です。

多くの格安SIMでは、新規契約事務手数料は3,000円(税抜)かかります(格安SIMにより金額は異なります)。

格安SIMの場合は事前に「エントリーパッケージ」を購入することで、事務手数料が割引になることが多いので、確認してみましょう。

→【格安SIM】初期費用を安く! 手数料3,240円が無料になるエントリーパッケージとは

4、SIM発行手数料

新しく契約する格安SIMでSIMカードを発行する際にかかる手数料です。

格安SIMによって値段は異なりますが、400円〜500円の少額で済むものがほとんどです。

初期費用は節約できる!

MNPの初期費用は更新月を狙って解約したり、エントリーパッケージを購入することで節約もできるので、乗り換える時にはしっかりと事前に調べておきましょう。

ただ、MNPの初期費用に16,000円ほどかかったとしても、格安SIMに乗り換えれば数ヶ月で元を取れてしまう場合もあります。

実際に計算してみた結果
→スマホ代が7,000円→2,880円に。格安SIMって安っ!!!

いくら安くなるのか計算してお得に乗り換えしてくださいね。

参考

→docomo-携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法
→au-ご解約前の注意事項を確認
→SoftBank-ソフトバンクから他社へ変更する場合