キムとの差を約100万縮め、2位をキープした宮里(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<男子賞金ランキング>
国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」終了時の男子賞金ランキングが発表され、プレーオフでの接戦の末、同大会2位タイにつけた小平智が賞金ランク3位に浮上した。

首位は変わらずチャン・キム(米国)がキープ。2位にはキムとの差を約100万縮め、461万差までつめた宮里優作が続く。小平と入れ替わる形で今平周吾が4位に後退、同大会2位タイのスンス・ハン(米国)が5位に浮上した。
また、今大会で優勝を飾ったH・W・リュー(韓国)が52位から13位に、武藤俊憲が43位から29位にランクアップ。2年連続賞金王を狙う池田勇太は、1つ順位を上げて14位に浮上した。
【国内男子賞金ランキング】
1位:チャン・キム(78,448,002円)
2位:宮里優作(73,839,107円)
3位:小平智(50,516,713円)
4位:今平周吾(48,885,261円)
5位:スンス・ハン(38,516,726円)
6位:ショーン・ノリス(38,437,306 円)
7位:藤本佳則(37,551,986円)
8位:宮本勝昌(36,530,930円)
9位:久保谷健一(35,038,834円)
10位:プラヤド・マークセン(33,726,051円)
14位:池田勇太(28,481,771円)
29位:武藤俊憲(14,971,818円)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

小平智が賞金ランク3位に浮上!フジサンケイクラシックの最終結果
「今季初優勝も時間の問題」小平智、8打逆転Vならずも“65”に手応え
粘りに粘った宮里優作、通算1アンダーキープで最終日へ
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて
【WITB】宮里優作セットでアマが真似して良い点、悪い点