仏北部の港湾都市ルアーブルの開港500年を祝うイベントで、海上パレードを行う帆船(2017年9月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス北部の港湾都市ルアーブル(Le Havre)で3日、開港500年を記念するイベントが行われ、1800年代に建造された帆船など歴史的な船31隻が海上でパレードを行った。

 船の多くは1900年代初頭に商船として利用されていたもの。現役で航海を行う帆船の雄大な姿を見ようと、この日だけで数万人の観客が押し寄せた。

 ルアーブルは1517年、当時の国王フランソワ1世(Francis 1)が港を開港し、今年で500周年を迎える。これを祝い、同市では今年多くのイベントが企画されている。
【翻訳編集】AFPBB News