2017年10月テレビ東京系で放送される『ブラッククローバー』。週刊少年ジャンプで絶賛連載中で、単行本は累計420万部を超える人気作。メインビジュアルが公開され、担当声優たちにも注目が集まる。

 

■『ブラッククローバー』ってどんな作品?

誰もが魔法を使える世界が舞台。最果ての地の教会に捨てられて育ったアスタとユノ。アスタはなぜか生まれつき魔法が使えないが、ユノは天才的な魔力を持つ。対照的な二人が魔道士の頂点『魔法帝』を目指す。冒険と成長を描く物語。

 

 

■アスタとユノはそれぞれ新人声優と実力派若手声優が担当

バカで熱血で向こう見ず。鍛え抜かれた肉体と絶対に諦めない強い心で強力な魔道士たちと渡り合うアスタを梶原 岳人が担当。

 

アスタ担当声優・梶原 岳人のコメント
「小さい頃から魔法の世界に憧れていたので、ブラッククローバーの世界にアスタとして足を踏み入れられることにとてもワクワクしています! 超アツい少年アスタと共に僕も超アツくブラクロの世界を突っ走っていきたいです! 」

 

冷静だが負けず嫌いで内なる闘志を燃やす性格。ときどき生意気なことや毒舌を吐くクールな男。魔力の大きさも、それを扱うセンスも天才と呼ぶに相応しい魔道士ユノは、島粼 信長が演じる。

ユノ担当声優・島粼 信長のコメント

「ユノを演じさせて頂けること、大変光栄に思います。 個人的に「風」の、特に精霊使いに憧れがありまして、気持ちが高ぶっています。アスタと共に、魔法帝を目指して駆け抜けていきますので、よろしくお願い致します! 」

 

 

■アスタが属する黒の暴牛団…団長はあの人気声優が担当! 

粗野で横暴。威圧感と力で他人を押さえ込み、団員たちには「限界を超えろ」と無茶ばかりさせる黒の暴牛団団長ヤミを諏訪部 順一が演じる。
ヤミ担当声優・諏訪部 順一のコメント
「続きがどんどん読みたくなる物語です。 ヤミはその中で、大人代表のひとりといった存在。若者たちの成長を厳しくも、あたたかく見守りつつ、憧れられるようなカッコ良さもビシッと決められるよう頑張ります!」

 

 

■黒の暴牛団メンバーの声優陣も実力派揃い!

王族であるシルヴァ家の末妹。家族から「出来損ない」と蔑まれてコンプレックス。 本当は一生懸命でやさしい性格なのだが、素直になれず、生意気で高飛車な態度ばかりとってしまうノエルを、優木 かなが担当。
ノエル担当声優・優木 かなのコメント
「原作を読み始めたらページをめくる手が止まりませんでした!そんなワクワクが沢山詰まった作品に出演することができて本当に嬉しいです! 可愛くてカッコいい『ノエル・シルヴァ』を全力で演じさせていただきます! 」
 
 
便利な空間魔法の使い手として、団長であるヤミの“アッシーくん”としてこき使われている、 軟派で女好きなフィンラルを、福山 潤が演じる。
フィンラル担当声優・福山 潤のコメント
「 熱く胸躍る本作品に関われる事だけでも嬉しいのですが、黒の暴牛の団員として尽力出来るのは光栄の極みです。 軟派なフィンラルですが、楽しく魅力的に演じてゆきます!!」
 
見た目も性格もヤンキーだが、弱いもの、困っているものにはやさしく後輩の面倒見もいいマグナを室 元気が担当。
 
マグナ担当声優・室元気のコメント
「漫画を読んだ時マグナに思った、わぁ快活だなぁ!とか、わぁ漢らしいなぁとか、 そういう所を、たくさん表現できたらいいなと思います。 どうぞよろしくお願いします」
 
いつも薄ら笑いを浮かべたバトルマニアで、強いものと戦うことが何より好き。破綻した性格のラックを、村瀬 歩が担当。
 
ラック担当声優・村瀬 歩のコメント
「オーディションの際に原作を読ませていただいて、 とても面白くて読み進める手が止まりませんでした! そんな素敵な作品にご縁をいただけてとても嬉しいです! アニメでも、マグナさんを沢山おちょくるぞ〜!(笑) 」
 
 
 
「妹だけが自分のすべて」と言い切る超シスコン。。妹のためならば善悪にかかわらず何でもやるゴーシュを、日野 聡が演じる。
ゴーシュ担当声優・日野聡のコメント
「原作の魅力をアニメーションを通しても多くの皆様にお届け出来るよう全力を尽くします! 」
 
 
酒好きでお色気たっぷりの魔女。 ほとんどいつも二日酔い。 テキトーな性格だが、後輩や仲間たちの面倒見はいいバネッサを、水樹 奈々が演じる。
 
バネッサ担当声優・水樹 奈々のコメント
「超個性的で自由人だらけの「黒の暴牛」 その一員になれることが嬉しいです! お酒と男の人が好きで抜群のプロポーションを持つバネッサ・・・私に足りないモノだらけですが(笑) 思いっきり楽しみながら演じさせていただきたいと思います! 」
 
とどまることを知らない食欲の持ち主で、いつも何か食べている。自分の綿魔法で生み出した“ヒツジのコックさん”にいつもおいしい料理を振舞ってもらっているチャーミーを、安野 希世乃が担当。
 
チャーミー担当声優・安野 希世乃のコメント
「オーディションをきっかけにこの作品に出逢ったのですが、 読み進めるうちにあまりの面白さにのめり込んでしまい、 気付いたら夜が明けていました。 こんなにも素敵な作品と関わることが出来て、心から幸せです。」
 
いつもブツブツとつぶやいて近寄りがたい。みんなと仲良くしたいと本当は思っているのだが、極度のコミュニケーション障害で、結局、話しかけられないゴードンを、松田 健一郎が担当。
 
ゴードン担当声優・松田 健一郎のコメント
「まさか自分が「ブラッククローバー」に出演させて頂けるとは思いませんでした!大変有り難いです! ゴードンは全くもって未知数の人物ですよね。 コミュニケーション不可と言われる彼のブツブツ独り言を如何に演じるか試行錯誤しております。 「黒の暴牛」の一員として頑張らせて頂きます!! 」
 
変身魔法を得意としており本当の姿を見た者がいないグレイの声優は……シークレットだ……。

 
 

■魔法帝や他の団長たちの声優も豪華!

現在の魔法騎士団のトップに君臨する偉大な魔道士であり魔法マニアの魔法帝・ユリウスを、森川 智之が担当。
 

 
「銀翼の大鷲」団長にして、一見クールに振る舞っているがプライドが高くて負けず嫌い。自他に厳しいノゼルを鳥海 浩輔が演じる。

 
「紅蓮の獅子王」団長にして正義感と指導力にあふれた熱い男であるフエゴレオンを、小西 克幸が演じる。

 
「碧の野薔薇」団長にして美しさと強さを兼ね備えた基本的には男嫌いのシャーロットを小林 ゆうが担当。

 
「翠緑の蟷螂」団長にして 何でも切り裂く“裂断魔法”の使い手で破壊フェチのジャックを浪川 大輔が担当。

 
 

■ユノが属する金色の夜明け団団長やメンバーの声優も公開

現在の魔法騎士団では最強といわれる“金色の夜明け団”団長。変わった仮面をつけた謎めいた人物・ウィリアムを、小野 大輔が演じる。

ウィリアム担当声優・小野 大輔のコメント

「魔法には無限の可能性を感じます。仮面には底知れない神秘を感じます。ヴァンジャンスという存在は、一演
者として見ても一読者として見てもとても魅力的。その魅力に寄り添えるようにしっかり演じていきたいと思
っております」

 

ユノの先輩で教育係のようなことをしている、まじめでカタブツ。だが意外とアツイ男であるクラウスを、寺島 拓篤が担当。
クラウス担当声優・寺島 拓篤のコメント
「オーディションをきっかけに読み始めたんですが…こんなに面白い漫画を読んでなかった自分を、アスタにぶん殴ってほしいです。魂のこもった原作のライバルになれるように、アニメも頑張ります! 」
 
 
紅蓮の獅子王団団長・フエゴレオンとノエルのいとこ。おっとりとしていて一見頼りないが、意外としっかりしているミモザを、西 明日香が担当。
ミモザ担当声優・西 明日香のコメント
「オーディションでミモザ役を受けた時、絶対受かりたい!と思っていたので、役が決まった時は本当に嬉しかったです。ミモザは天然でおっとりしたキャラクターということで、日々の激闘の中で、皆さんに植物のような癒しを与えられるような演技をしたいと思います」
 
主要なキャラクターは出揃った。実際の放送ではどんな演技を見せてくれるのか。期待が膨らむ!
 
 

■アニメ『ブラッククローバー』の作品概要

放送開始日:

2017年10月3日

放送時間帯:

夕方6時25分〜6時55分

スタッフ:

監督=吉原達矢

シリーズ構成=筆安一幸

キャラクターデザイン=竹田逸子

サブキャラクターデザイン=徳永久美子

プロップデザイン=郄橋恒星

色彩設計=篠原愛子

音楽=関美奈子

アニメーション制作=studioぴえろ

©田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

公式ツイッター:@bclover_PR