「東京ミッドタウン日比谷」イメージ

写真拡大

 三井不動産が9月4日、千代田区有楽町一丁目エリアで推進する「(仮称)新日比谷プロジェクト」の名称を「東京ミッドタウン日比谷」に決定した。2018年2月1日に竣工し、3月29日にグランドオープンを予定している。
 東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅に直結する「東京ミッドタウン日比谷」は、地上35階、地下4階建て。延床面積は約18万9,000平方メートルで、オフィス・商業フロアから構成される。「THE PREMIUM TIME HIBIYA」をコンセプトとした商業フロアは、地下1階から地上7階までの8フロアで構成され、約60店舗が出店。レクサスの体験型施設をはじめ、ニューヨークで人気のレストラン「ブヴェット(Buvette)」、本間正章が手掛ける「mastermind JAPAN」「MASTERMIND WORLD」世界初のフラッグシップストア、パリで活躍するシェフ中山豊光による「RESTAURANT TOYO」の日本1号店など計5店舗が初上陸する。このほか、セレクトショップ「HALO H.P.FRANCE BIJOUX」や「DAIICHI- ENGEI」、「HIBIYA FOOD HALL」などの新業態22店舗や、美と健康の新しい提案を行う「(仮称)NEUTRALWORKS.HIBIYA」、シグネチャーカクテルや季節のフルーツカクテルが楽しめる「STAR BAR」といった商業施設初出店14店舗が入居する。
 「Business Hospitality」をコンセプトに掲げたオフィスフロアでは、9・10階のロビー階と11階〜34階のフロアで構成。リフレッシュできる「(仮称)スカイガーデン」やカフェ・コンビニを併設した「(仮称)スカイラウンジ」、緑のパノラマビューが広がる会議スペース「(仮称)スカイカンファレンス」などを設置するほか、心身ともに健康的な働き方をサポートする施設としてフィットネス・シャワールームや仮眠室、女性専用のパウダーエリアを用意。また、6階の「(仮称)日比谷ビジネス連携拠点」では、ベンチャー企業や大企業など多種多様な人材が集結したコミュニティを形成することで、ビジネス支援の場の提供や新産業の創出を支援するという。