エジルのアクションは火に油を注ぐ結果に……。で、自身の契約問題はどうなる? (C) Getty Images

写真拡大

 プレミアリーグ開幕3試合で2敗を喫したアーセナルには、レジェンドたちからの批判が相次いでいる。これに対し、メスト・エジルは現地時間9月2日にそんなOBたちへ苦言を呈したが、先輩からはさらなる“小言”が寄せられている。

 エジルは自身のSNSで「どのサッカー選手も批判に付き合わなければいけないが、それでも自分は、レジェンドにレジェンドらしく振る舞ってほしいと思う」と、アーセナルの先人たちに注文を付けた。
 
「アーセナルの元選手たちへの、僕からのアドバイスだ。お喋りはやめて、サポートを始めよう」
 
 だがこのエジルの訴えを、レジェンドのひとりであるイアン・ライトは、英『BBC Radio 5 live』で「そう強く感じるならば契約をしろ」と一蹴した。(『ESPN』より)
 
「君は(新)契約にサインしていない。そしておそらく、誰もが(アレクシス・)サンチェスの去就に注目しているのをいいことに、その身を隠し続けるのだろう」
 
 さらに、ライトは「実際に良いパフォーマンスをしていない選手が、こうやって呼びかけて、自分は契約にサインをしない。ばかばかしい」とコメント。契約最終年を迎えながらクラブのオファーに応じていないエジルが、クラブへの愛情を強調し、批判の声に反論したことに不満を露にした。
 
 また、同じくレジェンドのエマニュエル・プティも、「モチベーションのないプレーでアーセン(・ヴェンゲル監督)が非難されるが、私は全てが彼のせいだと思わない」と、選手たちへの批判を続けている。
 
「世界有数のクラブで、世界有数のスタジアムでプレーすることに、なぜモチベーションが必要なのだろうか。アーセナルのユニホームを纏う意味を分かっていないと思われる選手たちもいる」
 
「彼らは、アーセナルのようなクラブでプレーし、大金を稼いでいる。それなのに幸せではなく、モチベーションがないみたいだ。どうしてそうなるのだろうか」
 
 プティは「誰かが彼らを座らせて、赤ちゃんや子どもみたいな振る舞いはやめろ、と言うべきだ。彼らはアーセナルのユニホームを着ることに誇りを感じるべきだよ」とこき下ろした。
 
「アーセナルにいられることが、どれだけ幸運なのかも分かっていないような選手たちがたくさんいる。今シーズンのアーセナルが何かで成功したいなら、チームがモチベーションを取り戻さなければならない。そしてその責任は、選手たちにある」
 
 エジルの訴えとは裏腹に、OBたちからの批判が止まらないアーセナル。ヴェンゲル監督とチームは、ボーンマスをホームに迎える9日の一戦で、この悪い空気を払拭し、流れを変えられるだろうか。