アラフィフになる前に知っておきたい「まぶたのたるみ」予防法

写真拡大

 30代後半になってくると顕著になる40代からの肌老化。よく「たるみ」が起き始めると聞きますが、実際、いつどのように起こるの?と気になっている人は多いのではないでしょうか。

 化粧品やアイメイク用品などを扱うコージー本舗が2017年4月に35〜69歳の女性に対して行ったアンケート調査では、初めて加齢を感じた年齢で最も多かったのは「40代」の37.0%。白髪やシワが気になるという人が多くを占めていたものの、まぶたや目元に加齢を感じる人も多くいることが分かりました。

 とくに、まぶたのたるみや目元のシワ、目の周りのシミやそばかす、目の下のクマなどが気になっているようです。

 この目の周りの老化には、40代の芸能人女性たちも奮闘しているんです! 例えば、モデルの前田ゆかさんは、年々まぶたのたるみが気になっており、下がりやゆるみを感じているそう。

 また、タレントの渡辺美奈代さんは、顔全体のリフトアップや目元のむくみを取るために、炭酸ミストを活用しているのだとか。目元の表情ジワやたるみ、ゆるみには、アイクリームを使っているそうですよ。

 40代から起こりがちな目元悩みを解決するためのアプローチ方法としては、渡辺さんのようにリフトアップ効果のある炭酸ミストやアイクリームを使用するほか、物理的に上げるという方法もあるようです。

 例えば、専用のプッシャーで押し上げて二重まぶたをつくるという方法。また、目元のぼんやり感が気になるなら、ライナーでくっきりとした目元にする方法があります。二重を濃くすることのできるものも使えそうです。

 40代の目元悩みには、すでにたくさんの対策法があるようです。ぜひ自分に合った方法、みつけたいですね。