ビダル、美しすぎるオウンゴール…代表引退を示唆?

写真拡大

南米王者のチリ代表は、ワールドカップ予選で痛恨の黒星を喫した。ホームでのパラグアイ戦に0-3で敗れたのだ。

前半24分に許した先制点は、MFアルトゥロ・ビダルのオウンゴールによるものだった。

Arturo Vidal kopt deze bal snoeihard binnen...in eigen doel 😓
FOX Sportsさん(@foxsportsnl)がシェアした投稿 -

相手MFオスカル・ロメロがフリーキックを入れた場面。ビダルはダイビングヘッドでクリアを試みるも、痛恨のオウンゴールになってしまった。

試合後、ビダルは「今この国にいる全ての悪意ある人間はハッピーになるはずだ。だが、心配するな。俺が去るまでそう遠くはない」とのコメントをInstagramにアップ。

これを受けて、『Dailymail』では「スペクタクルなオウンゴールの後、ビダルは代表引退をほのめかした」と伝えていたが、果たして…。チリはこの後、敵地でボリビアと戦う。