2日午後、2017年のBRICSビジネスフォーラムの記者会見は厦門のBRICS首脳会合ニュースセンターで開催された。写真は厦門。

写真拡大

2日午後、2017年のBRICSビジネスフォーラムの記者会見は厦門のBRICS首脳会合ニュースセンターで開催された。2017年のBRICSビジネスフォーラム組織委員会主任、中国貿易促進会会長の姜増偉氏は、会議で今回のフォーラムは規模が大きく、参加人数は多く、BRICSビジネスフォーラムの過去最高の記録を作り出したと指摘した。

合わせて1200人の代表が今回のフォーラムに参加したという。そのうち、ビジネス界の代表は1069人、中国側と外国側の代表はそれぞれ半分を占めた。参加した企業は630社を数え、そのうち中国企業は370社、外国企業は260社あり、BRICSのほか、米国、英国、ドイツ、フランスなどの有名企業も含まれた。世界のトップ500企業のうち、80社近くが参加した。

姜増偉氏によると、今回のビジネスフォーラムには多数の分野での効果が期待できるという。一つ目は、ビジネス界の協力の自信を強める。多国の首脳が開幕式に出席し、重要なスピーチを発表したり、テーマ討論に参加したりなどして、各国ビジネス界、特にBRICSビジネス界が世界貿易と投資においての協力を推進することに方向を示す。二つ目は、BRICS各国間の交流と協力を強める。参加企業はさまざまな分野、違う発展段階に属するため、相互補完性が強い。三つ目は政府が参考にできる政策提言を打ち出す。今回のフォーラムは、貿易投資、金融協力、コネクティビティとブルーエコノミーなどの分野で、方向が明確で、実行性が高い提言を生み出し、BRICS各国の経済貿易の大きな市場、金融の大きな流通、インフラの大きな接続の推進に積極的なシグナルを発することが期待できる。(提供/環球網・編集/黄テイ)