9月6日は魚座の満月 深層心理の怒りを手放して、やさしい許しを手に入れよう!

写真拡大

 9月6日は満月です。満月は達成、成就のとき。様々な結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】魚座
【満月になる時刻】9月6日16:03
【魚座満月のキーワード】「癒やし」「インスピレーション・霊感」「芸術性」「精神世界」「無条件の愛」……etc.

 魚座は、共感能力や、精神性・霊性を司る星座。インスピレーションや芸術的な感覚、他者との境界線を乗り越えるような深い慈愛の力などが働きます。

 特に今回は、月が海王星と重なる位置で起こる満月。海王星は魚座の守護星です。通常の魚座満月よりも、他者の痛みや悲しみに共感する能力や人を愛しく思う気持ちが高まります。自分の心身の癒しなども実感しやすくなるため、心の中の許せない思いや、怒りを手放すのに最適なタイミングとなるでしょう。

 ただし、この境界線を取り払うエネルギーは「現実逃避」にも働きます。美しすぎる幻想に流されて、現実を見失わないように注意が必要。自分の中の「本当に不要なもの」を見極めながら、魚座満月の手放しワークをおこなってみましょう!

■魚座満にオススメの手放しテーマ

 魚座の満月は、深層心理に潜むものの手放しに最適です。また、癒やしパワーが高まるこのタイミングは、心身のデトックスにもパワフルに働くとき。今回は、最後に紹介する天然塩を使ったデトックスもオススメです。ゆったりリラックしながら手放しを誓ってみましょう。

★魚座満月の手放しテーマ★
「ダメな人との恋愛を繰り返してしまう(報われない奉仕をしてしまう)」
「実現しそうにない夢へと逃避してしまう」
「トラウマ的な記憶や怒りがある」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■魚座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような魚座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★魚座満月の改善ワーク★
「自分のインスピレーションや芸術的感性を信じる」
「他者を色眼鏡で判断せずに、受け入れる心の器を大きくする」
「独りよがりではない共感能力を高める」……etc.

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら心の深いところまで月光がしみこんでいくイメージでおこなうとより効果的です。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてください。

 魚座満月は、通常の満月より浄化力が高まるとき。特に海王星と重なる今回は、「海」を感じさせる天然塩で、より高い浄化力を手に入れてみましょう。お風呂に入るとき、天然塩を使った塩スクラブでやさしく身体をマッサージしてください。特に足裏など身体の下のほうは、丁寧に。時間がない人や肌が弱い人は、天然塩を入れた足湯につかるのでも大丈夫です。不要な水分とともに心身にたまった邪気が排出されて、心も身体も軽やかになれるはずですよ。

 魚座の満月を迎えたあとは、日を追うごとに秋の気配が濃厚になっていきます。熱帯夜からも解放され、体は無意識レベルで休息を求めはじめるタイミング。魚座満月でしっかり心身のデトックスをして、ハッピーな秋を迎えてくださいね!
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock