子供たちの夏休みも明け新学期がスタート。この時期に増えるのが「子供の自殺」です。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、この悲劇を食い止めるために大人がすべきことを記しています。

秋の初めに

さて、本日はちょっと休憩なお話。

夏休み明けに増えるもの、それは子供の自殺(T_T)です。実に縁起でもないことですが、これは毎年この時期に増えるんです。それ以外には、4月上旬とゴールデンウィーク明け。学校にしばらく行かずにいたところ、それが再開されるときですね。

学校に行きたくない理由がもともとあったのか、休み中に学校がイヤになるような出来事があったのか、それは解らないですが、死んだ方がいい(;_\)と思うほどのイヤなことってどれほどなんでしょうか。小さい胸をどれほど痛めているのだろうかと思うと、たまらない気持ちがします。

しかし、調査によると、大方の予想を覆して(?)、イジメを原因とするものは2パーセントくらいだと言われています。むしろ子供の自殺の原因は、非常に多岐に渡っており、ひとつの原因に単純化することは危険なのです。おそらく学校で勉強が難しくなったとか、友達とビミョーに上手くいかなくなったとか、親に厳しく言われたとか。そういう、子供の狭い世界の全てで居場所がない気がしてしまうんでしょう。

…ということはさ。どこか1ヶ所でも居場所があればその子は救われるということでもあります。そしてそれは家庭でありたいですよね。おそらく多くの親御さんが喜んで最後の砦になってあげる覚悟があると思うんです。

だから、新学期が始まったこの時期、お子さんの様子には是非気を付けてあげてほしいんです。

明日、学校に行かなくちゃダメだよね?なんだか行きたくないなあ明日もお休みにならないかなあ学校にはチャンと行くのが良い子だよね?

などと言うセリフは要注意ですよ。もちろん言い方やそれ以外の生活の様子も考慮されるべきですけど。新学期が始まってすぐ、あるいはその後数日の間は子供のストレスがMAXだからです。ケアされていると感じるだけで、人の心は癒されるものです。休みが常態化することを心配するより、当座の子供のストレスの方が深刻です。ここ、優先順位のモンダイですよ。

子供も大人も、『ねばならない』って思いすぎているならたまには休んで。今日行ったら死んじゃうと思うなら、休めばいい。今日休んだくらいじゃ死なないんだから。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!