もはやハリルジャパンには不可欠な戦力となっている井手口だが、「毎試合、アピールしていかないと」と慢心はない。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 オーストラリア戦で豪快なミドルをぶち込み、特大のインパクトを放ったとはいえ、井手口陽介に慢心はない。
 
「1試合が終わっただけ。全然、何も変わっていない。本当に、毎試合、アピールしていかないと残れないと思う。もっともっと自分を出していけるようにしたい」
 
 もっとも、途中出場から代表デビューを飾ったシリア戦から、イラク戦、オーストラリア戦と連続出場している若獅子は、「ある程度は、遠慮なくできるようになった」と手応えを感じている。そして「やりたいことをやらしてもらっている。守備でも攻撃でも、しっかり貢献できる選手になりたい」と抱負を語る。
 
 オーストラリア戦は2枚のインサイドハーフの一角を務めた。ただ本人は「あまり得意ではない。まだ考えながらプレーしてしまっている」と明かす。にもかかわらず、強烈なハイプレスで敵の攻撃の威力を半減させ、決定的な仕事までこなしてしまうあたりに、底知れぬポテンシャルがうかがえる。
 
 今はまだ、2ボランチのほうが「守備にも攻撃にも無意識に行けている」が、今後はインサイドハーフでも「無意識に何でもできるようにしていきたい」と志を高く持つ。
 
 また、元日本代表の中田英寿氏に似ていると話題になっており、実際、G大阪の下部組織時代は「けっこう言われることが多かった」という。
 
 ただ井手口自身、中田氏を特別に意識してはいない。自分は自分。誰かの後継者でも“2世”でもない。唯一無二の存在として、さらなる成長と飛躍を期す。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表サウジアラビアトレーニング2日目PHOTO】移動バスが来ない珍事も選手達は淡々とトレーニング!