終わった恋から抜け出せずにいる人がすべきこと【カツセマサヒコ】

写真拡大

特集「終わった恋の整理整頓」の第3回はライターのカツセマサヒコさん。
きっと誰もが経験したことのある「失恋した後の行動」についてです。

恋の魔法は、終わった途端に呪いに変わると思う。

付き合っていたときはあれほど愛おしく思えたプレゼントや思い出が、終わった途端に傷をえぐる凶器に変わる。

4℃のアクセサリーでも、東急ハンズで買ったお揃いの文具でも、それを見るたび別れたふたりは罪悪感を募らせたり、過去への執着を生みだしたりする。

形がなくたって、前の恋人と行った場所を歩くたび、その人の笑顔や会話、匂いがフラッシュバックして、胸のかさぶたを疼かせる。

好きであればあるほど、きっとそんな苦い経験をして、過去の傷を残したまま今に至っている人も多いと思う。

失恋したら、相手が次にどんな人と付き合っても、文句は言えない。
新しい恋人との幸せそうな写真やエピソードがインスタグラムに添えられても、黙って見ているか、フォローを外して視界から消すしかない。

また、失恋したら、相手の好きなものを街中で見つけても、もう連絡することは許されない。
「好きだったアーティストの新譜、初回盤買ったかな。ちゃんと予約したかな」
貴方の心配は、きっとあの人には届かない。貴方の知らないところで、あの人は別の世界を生きている。

そして、失恋したら、相手がどれだけ辛そうにしていても、優しい言葉をかけてはならない。
SNSに書き込まれた「高熱」の文字や不幸な状況を見ても、助けに行くべき人は貴方じゃない。別れたその人はきっと自分でどうにかするし、新しくできた助けるべき人に、助けてもらうはずだ。

こんなことばかり続くのが、失恋というものだと思う。
多くの偉人が、単なるバカに成り下がってきた恋愛の、最果ての正体だと思う。

「じゃあもう恋なんてしない」とか言って、傷を作らない方法はいくつもあると思うけれど、それじゃあ人生も、楽しくない。人類が恋をする理由はわからないけれど、恋をした人はみんな、きっとその切なさや喜びを謳歌してきたはずだ。

では、どうしたら次の恋を始められるように、気持ちを整理できるか。

僕の答えはシンプルで、
凹むだけ、凹めばいい。飽きるまで好きでいて、飽きたら歩きだせばいい。
それだけ。

終わった恋は、無理に忘れる必要もないし、無理に奥底閉じ込める必要もないし、無理に嫌なことばかり思い出す必要もないし、無理にいいところばかり美化する必要もない。

自然と自分に馴染むように、泣きたいときに泣いたり、楽しかったこと思い出して懐かしんだりしながら、ゆっくり保存していけばいい。

ティッシュ箱4箱分泣いて、3日ぶん食事が喉を通らなくてもどうにか生きて、別れた人に思いを馳せる。やがて涙ひとつ流さずに、そんな恋があったなと思えたころに歩き出しても、きっと遅くはないし、そこからの歩みはたぶん速い。

どうせ無理に前を向こうとしたって、引き摺るに決まっている。
だったらもう、飽きるまで好きでいて、そこから歩きだすしかないんじゃないか。

そしていつか、もっと素敵な恋をして、過去の全てに感謝しながら、これまで自分を捨てたすべての恋人たちに「どうだ!」と自慢してやればいいと思う。

それが、僕が考える終わった恋の整理の仕方です。

 

そのほかの特集記事はコチラ

TEXT/カツセマサヒコ
ライター・編集者
2017年4月に独立。小説、コラム、エッセイなど幅広く活躍中。
arwebで『雌ガール、三度目の恋をする』を連載。
Twitter: @katsuse_m

もっとカツセさんのことを詳しく知りたい方はこちら
カツセマサヒコの意外な一面を暴いてきた
カツセマサヒコの恋愛について暴いてきた