女優と歌手、そしてファッショニスタとして今ノリに乗っているゼンデイヤ。7年ほど前にディズニー・チャンネルのドラマ『シェキラ!』でブレイクし、現在日本でも公開中の映画『スパイダーマン ホームカミング』に出演している彼女が、21歳の誕生日に誓ったこととは…?

常に自分らしく堂々とした姿勢を崩さず、ティーンを中心に若い世代からの支持も抜群なゼンデイヤ。直近だけでも、アメリカで今年の冬公開予定のミュージカル映画『The Greatest Showman(原題)』でヒュー・ジャックマンやザック・エフロンとの共演や、ブルーノ・マーズのミュージックビデオへの起用、自身がデザイナーを務めるブランド「Daya by Zendaya」の立ち上げなど、言わずもがなの活躍ぶり。また、臆せずに政治に関するスピーチを披露するなど、自分の意見をしっかりと持つ芯の強さも人気の秘密。

そんな彼女、最近21歳の誕生日を迎えたばかり! アメリカでの飲酒が解禁になる歳ということもあって、お酒を飲みまくってお祝いする人も少なくないけれど、ゼンデイヤは「お酒は今後も飲まない」と宣言。その理由は…?

「今日で21歳になったわ! やったー! でも、法律で飲酒が認められる年齢になったからってガブガブ飲む予定はないわ。というよりむしろ、飲む予定はまったくないの」
「そもそもが耐えられないくらいクレイジーな業界にいる身だからこそ、私は自分を見失うことや判断力を失うようなことはできないの。だから、お酒を飲んでみたくもないわ。だって必要のない事を試す必要もないでしょ?」

さらに彼女は、毎年自身の誕生日にチャリティーに参加していて、今年はファンにもハリケーン「ハービー」被災者への支援を呼びかけている。

21歳になったや否や、クラブなどに繰り出し酔いつぶれてしまう若者が多い中、こうして自分の意思を持ち、お酒無しでも人生を楽しめると考えるゼンデイヤ。さすがティーンの模範的セレブ!