バルサでデビューしたシェイン・クライファート

写真拡大

元オランダ代表FWパトリック・クライファートの息子、シェイン・クライファートは2017年9月3日を忘れないだろう。FCバルセロナの選手としてデビューした日として記憶に残るだろう。
父パトリックがカタルーニャへ引っ越してPSGから移籍した息子シェインは3日日曜日にアルビンの一員として登場した。シェインは出場しただけでなく、初ゴールも決めた。

まだ弱冠9歳であるが、シェインはメディアに非常に注目されている。
オランダの至宝はすでにナイキと5年間の契約を結んでおり、ナイキがスポンサー契約を結ぶ最年少選手となっている。

シェインはソーシャルメディアでも存在感が大きく、インスタグラムのフォロワーは144,000人に上り、YouTubeではフットボールだけでなく買い物や料理についても語っており、45,000人以上がチャンネル登録をしている。
SNS上にバルサでの初ゴールを投稿しており、生涯忘れないだろうゴールを父親と祝福している。父パトリックは2日土曜日にバルサレジェンドの一員としてマンチェスター・ユナイテッドと対戦している。

Shane Kluivertさん(@shanekluivert)がシェアした投稿 -