インテルから移籍してきたコンドグビア

写真拡大

バレンシアはゴンサロ・グエデスとペレイラを獲得して今夏の移籍マーケットを閉幕した。今夏の獲得選手数は7名に上り、過去5年間にフルメンバー分(22名)を2回獲得している勢いである。

2013年にアマデオ・サルボが会長に就任して以来、レイ・ホーン・チャンとアニル・マーフィーが会長職を担っているが、年平均9名の計45名を獲得している。

2013-2014シーズンに、バレンシアは夏に8名、冬に2名の計10名を獲得した。 
次のシーズンには11名を獲得し、2015-2016には8名、昨シーズンは9名、そして今シーズンは現在7名を獲得している。

今シーズン獲得した選手は以下の通り。
ネト(ブラジル)、ガルリエル(ブラジル)、パウリスタ(ブラジル)、コンドグビア(フランス)、ムリジョ(コロンビア)、マクシモビッチ(セルビア)、グエデス(ポルトガル)、ペレイラ(ベルギー)。

なお、獲得したポジション別で見ると、GK3名、DF14名、MF15名、FW13名である。