BiSH、氣志團、THE King ALL STARSら、松島の海を背に「サライ」を合唱

写真拡大

宮城・松島海岸の東に浮かぶ島、福浦島を舞台とする音楽イベント<松島ファンタスティック音楽祭 × Reborn-Art Festival 2017>が9月2日(土)に開催された。

◆<松島ファンタスティック音楽祭 × Reborn-Art Festival 2017>画像

同イベントは7月22日(土)から開催中の<Reborn-Art Festival 2017>の一環として行われたもので、氣志團、THE King ALL STARS、小林武史×コンタクトゴンゾ、BiSH、Fire EX.の5組が出演。日本三景の一つとして知られる松島の美しい自然の中で、多彩なアーティストによる豪華競演が繰り広げられた。以下、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

日本三景で知られる松島。ライブ会場となった福浦島では、地元松島町のデザイングッズや松島町で採れたお米を使ったおこわ、駄菓子などがならび、アットホームな雰囲気の中でスタート。

オープニングを飾ったのは地元の小学生も参加している“五大堂太鼓”の演奏から。五大堂太鼓は20年ほど前から始まった太鼓の団体で、今となっては松島の小学5年生は五大堂太鼓から指導を受けるなど地元に浸透している。松島の民謡をアレンジしながら演目に入れて演奏しオープニングを堂々と飾った。

次にパワフルな演奏で登場したのは台湾のロックバンド、Fire EX.。松島は初めてとのことで「台湾と日本は友達」「松島はきれいなところ」とMCでも盛り上げ、日本語でも曲を歌い上げると、「ありがとう松島。みんな最高!」と素晴らしいライブを届けてくれた。

そして、コンタクトゴンゾ×小林武史のアート×音楽のパフォーマンス。人間のからだの音と小林武史のピアノの音が「リハーサルなし」と言うように即興で進んでいき、見る人を引き込んでいった。石巻にあるアート作品「D・E・A・U」の曲なども時折織り交ぜてアート×音楽を体現したステージとなった。

シャボン玉が舞う空は段々快晴になり、BiSHが登場すると歓声とともに観客が踊り出す。彼女たちのパフォーマンスでますます会場のボルテージはあがり、前方では身を乗り出し、後方では輪になる観客で会場は熱気に包まれた。「こんなきれいな会場でやれて最高です」という福浦島の素晴らしい景色の中で、一体感を生み出すステージとなった。

続いて、「七万台の単車で木更津から乗り込んできた」という氣志團が、この日のライブの為に地元の松島中学校・松島高校の生徒たちがワークショップで制作した大漁旗を持ってステージへ。微熱DANJI&微熱DANDYも登場し、最初からいきなり熱い盛り上がりをみせる会場を前に「今日が今年に入って一番楽しい!」という綾小路 翔の言葉でさらに盛り上がりは最高潮に。「One Night Carnival」では観客全員が踊りだし会場がダンスフロアへと様変わりした。

ラストを飾るのは加山雄三が率いる最強のロックンロールバンド、THE King ALL STARS。震災後から支援を続けてきた加山は、「ずっと松島には来たいと思っていたんだよ。船でね」と笑顔を見せ語った。強者揃いのバンドメンバーと共にエレキギターをかき鳴らす姿に大歓声が響く。さらに、ギターをアコースティックに持ち替え、バンドの名前の由来ともなった“KING”ことエルヴィス・プレスリーのバージョンで知られる「Blue suede shoes」を披露。観客はその情熱的な演奏を全身で受け止め、夢中で聴き入っていた。

アンコールでは、THE King ALL STARSが氣志團の綾小路 翔をゲストに迎え入れ、加山雄三の「夜空の星」を一緒に歌い上げる。さらに、氣志團、小林武史、BiSH、Fire EX.、コンタクトゴンゾとこの日の出演者全員がステージ上に登場し、加山が作曲した名曲「サライ」を熱唱した。松島町長も「青春を思い出しました」と壇上に。会場にいる観客も一体となって大合唱し、松島の海に「サライ」が鳴り響いた。

まさに、小林武史が自らの演奏の前にこの日のイベントを「<Reborn-Art Festival>という枠組みのなかでこそ生まれた異種格闘技」と表現したように、多種多様なアーティストたちが“日本三景”の松島の絶景の中で競演した贅沢で素晴らしい空間だった。

Photos by 福井馨

   ◆   ◆   ◆

なお、<Reborn-Art Festival2017>の最終日となる9月10日(日)には、クロージング・イベント<リボーンまつり>の開催が決定している。同イベントでは新・盆踊り“リボーンおどり”として、今回のために制作された楽曲とコンドルズの振り付けによる「リボーン音頭」を楽しむことができるほか、Salyu + 小林武史、the LOW-ATUSによるライブも開催。また、9日(土)に決定したプレイベントでは、JUJU + 小林武史 + 石成正人によるスペシャルライブや盆踊りの練習が行なわれる予定となっている。

■<松島ファンタスティック音楽祭 × Reborn-Art Festival 2017>概要
2017年9月2日(土)宮城・県立自然公園福浦島内 野外特設ステージ
出演: 氣志團 / THE King ALL STARS - Guitar&Vocal 加山雄三、Guitar 古市コータロー(THE COLLECTORS)、Bass ウエノコウジ(the HIATUS)、Drums 武藤昭平(勝手にしやがれ)、Keys 山本健太、Tp タブゾンビ(SOIL&“PIMP”SESSIONS) / 小林武史 × コンタクトゴンゾ / BiSH / Fire EX.
※50音順

■イベント情報
<Reborn-Art Festival 2017 クロージングイベント「リボーンまつり」 プレイベント
〜51日間、毎日どこかで音楽が鳴っているプログラム〜
JUJU + 小林武史 + 石成正人 スペシャルライブ>
2017年9月9日(土) 宮城・石巻中瀬公園特設会場 音楽ライブテント
出演:JUJU + 小林武史 + 石成正人
時間:開場16:30 開演17:00
料金:3,000円 (税込・全自由/リボーンアートパスポート持参の場合¥2,000)
※小学生以下入場無料
詳細: http://www.reborn-art-fes.jp/news/closing_event_20170909/

<Reborn-Art Festival 2017 クロージングイベント「リボーンまつり」>
2017年9月10日(日)宮城・石巻中瀬公園特設会場 音楽ライブテント
出演:Salyu + 小林武史 the LOW-ATUS
時間:開場17:00/開演17:30/終演19:00(予定)
料金:3,000円(税込・全自由/リボーンアート・パスポート持参の場合¥2,000)
※小学生以下入場無料
詳細: http://www.reborn-art-fes.jp/news/closing_event_20170909/

<Reborn-Art Festival 2017>
日程: 2017年7月22日(土)〜9月10日(日)
会場: 宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
提携会場: 松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町

オフィシャルウェブサイト: http://www.reborn-art-fes.jp/

関連リンク
◆<Reborn-Art Festival 2017>オフィシャルサイト