700ワットのパワフルさをわずか2.22kgで実現したベース・アンプ、aguilar「AG 700」

写真拡大

実用的なベース・アンプとして人気のaguilar「AG 500」がさらに進化、4Ωで700ワットのパワフルさをわずか2.22kgで実現したベース・アンプ「AG 700」が登場。コルグ・KID(KORG Import Division)より9月下旬に発売される。

「AG 700」は、「AG 500」の明瞭性、ダイナミックレンジ、レスポンスを速さを継承しつつ、かつローエンドとヘッドルームを拡大。フレキシブルなEQセクションを誇り、Treble、High Mid、Low Mid、Bass,そしてDeepとBrightのEQスイッチを備え、ブロードバンド・ブーストに対応している。

また、シリーズエフェクトループには6dBの追加ゲインが追加され、幅広いエフェクトユニットに対応。XLRバランス出力(プリ/ポストEQ、グラウンド・リフト・スイッチ付き)、リアパネルには2つのスピーカー出力(Neutrik Speakon)も搭載する。インプットは標準フォーン×1で、アクティブ/パッシブ切り替えスイッチ付き。冷却ファンには温度によってファン・スピードをコントロールする機能が追加され、低温時のファン・ノイズが改善されている。30.5×22.9×7.7(W×D×H)cm、重量は2.22kg。

製品情報
◆AG 700
価格:142,000円(税別)
発売日:2017年9月下旬